ポイント観光

商品NO.1PAUL(ポール)

2013年03月14日エリアから検索,オーチャード,グルメ・レストラン,フレンチ,両替,市毛さんのおもしろ日記,甘いものコメント&トラックバック(0)

ポウルpaul

どーも、市毛です。

 

本日ご紹介するのはPAUL(ポール)という1889年にフランス北部で創業されたパン屋さん。
現在では27カ国 500店舗近くもある超有名店なんですね〜。
もちろん日本にもあるのでご存知の方も少なくないでしょう。

ちなみに私は日本では言った事がないですが、いただいたバケットを食べたことはあります。
味は忘れちゃいましたけど・・・

 

さてさて、そんなポールさんのシンガポール店ですが、TAKASHIMAYAに入っております。
私、TAKASHIMAYAには良く行くんです。
あそこには紀伊国屋書店さんが入っていますからね。
紀伊国屋書店は毎週欠かさず行くんですよ!市毛には意外と知的な一面もあったりなかったり・・・
まぁ、それはどうでもいいことですが、そんな紀伊国屋書店さんとポールさんはお隣同士なんですが、紀伊国屋に行く度に気になっていたんです。
ただ、かなりお洒落な感じのお店ですし、いつも行列が出来ていてなかなか入りづらかったんですね・・・

 

で、満を持して今回突入した訳です。
あんまり行列ができていない時を見計らって!

ポウルpaul外観

数人並んでいましたが、グループ客だったようで1人の私が先に店内に案内されました。

さぁ!こちらが店内です!

内観
いやぁ、店内もお洒落です。
って、この写真じゃ全然わからないですね・・・
でもあれですよ、周りの人たちが貴族に見えてきますから!
それくらいお洒落な感じです。
中年1人客はかなり浮きます!ドキドキします。

いや、まぁ、でも、もう入ってしまったので、開き直りましょう。
開き直って紀伊国屋書店で買った少年ジャンプを読んでやりましょう!
※紀伊国屋書店に行く目的が少年ジャンプの購入というのがココでバレてしまいましたね。中年なのに少年ジャンプは毎週見てるんです。別にいいじゃないですか!

 

 

 

と、いう暴挙にはさすがにでませんでしたのでご安心ください・・・

 

さて、メニューをパラパラとめくって見ているんですが、何を頼みましょう。
かなり迷います。
どれも美味しそうですが、ここはフランスを代表するパン屋ということで、

クロックムッシュを注文しました!
それと、デザートにクレープも!

クロックムッシュとは、まぁ、あれです。
トーストですね。

パンにハムとチーズを挟んでフライパンで焼くんです。
上に目玉焼きが乗っかっているのはクロックマダムといいますね。

そう、そういえばクロックマダムはあれに似ていますね。
天空の城ラピュタでパズーとシータが洞窟内で食べていたアレです。

laputa

ん?ぜんぜん違うな・・・

 

 

で、待つ事10分程。お料理が到着です。

クロックムッシュ

はい、おいしそうですね〜。

ここはパズーを見習って手づかみでガブッと!

 

 

 

と、いう暴挙にはでず、ちゃんとお上品にナイフとフォークでいただきました。
まぁ、味の方はうまく説明できないですが、あれです。うまいです。

そして見た目に反して結構お腹いっぱいにもなります。

クレープもシンプルですが、とてもおいしかった!
ただ、お会計ですが、クロックムッシュ17.9ドル、クレープ7.5ドル、アイスティー7.5ドル、それにサービス料と税金が入りまして合計38.72ドル!
パンにしてはかなり高かったですね・・・

 

という感じで今回はおしまいです。
いかがだったでしょうか。
こちらのポールさん、お食事に利用するのもいいですが、デザート系も充実しているのでカフェとして利用してもいいと思います!
優雅なカフェタイムを過ごすには最適ですね!
是非ご利用してみください。
ちなみに外にはお持ち帰り用のパンやスウィーツが売っていたりしますので、そちらも是非ご利用ください。
paul

 

それでは、また次回・・・

 

あ、あとですね、余談ですが観光客の皆さん、紀伊国屋書店さんとポールさんはお隣同士だと文頭で説明いたしましたが、詳しく言うと違います。
間にもう一件お店があるんです、両替屋さんが。
この両替所ですが、結構レートがいいのでオーチャードで両替所をお探しの際に行ってみてはいかがでしょうかね。

 

おしまい。

 

PAUL
住所:391 Orchard Road #03-16/16A/17 Takashimaya Shopping Centre
電話:6836-5932

 


商品NO.2Victoria’s Secret(ヴィクトリアズ・シークレット)

2013年02月23日おすすめ,お土産,お土産にいかがですか?,エリアから検索,オーチャード,マリーナ,市毛さんのおもしろ日記,観光ガイドコメント&トラックバック(0)

Victoria's Secretヴィクトリアズシークレット

こんにちは、市毛です。

 

今回は女性にオススメのお土産ということでVictoria’s Secret(ヴィクトリアズ・シークレット)をご紹介したいと思います。

 

こちらはアメリカ発のブランドで、香水や美容用品、下着や小物を扱っているお店です。
私、市毛にはもちろん不要なものばかりで中年オヤジには無縁のお店ではありますが、以前一緒にシンガポールに来た女性の友人に同行したのがきっかけで知る事となったわけです。
しかし、中年オヤジ1人で入るにはなかなか敷居の高いお店なので、今回は残念ながら写真は外観しかございません・・・
なにとぞご容赦ください。

 

とはいえ、ご興味のある女性諸君は何が売っているかなどは私が説明する必要など皆無かと思いますので問題ないですよね。

ヴィクトリアズシークレットVictoria's Secret
↑IONオーチャード店のビクシー

さてさて、このヴィクトリアズ・シークレットですが、日本では通称『ビクシー』と呼ばれ大変人気があるようでございます。

私も香水やボディクリームの香りを嗅がせてもらったことがあるのですが、女性らしいとてもいい香りでした。
なんでも日本にはまだ直営店がないようで、シンガポールに来た女性観光客の多くはこちらに寄って行くそうです。
お店の紙袋をぶら下げて歩いている人を私も良く見かけます。
お値段もお土産としてはお手頃で1000円ちょっとくらいからで、品揃えも豊富でございます。
バラ撒き用にはセット品などもありますので、そちらをチョイスするのもいいかもしれませんね。

 

シンガポールには現在、ION313@Somerset(313@サマセット)、MBS(マリーナ・ベイ・サンズ)、セントーサ島の4店舗があるようでございます。
IONはオーチャード駅を降りてIONへの連絡改札を出て右に行くとすぐに見えてきますし、313@サマセットもサマセット駅から直結しています。
おまけにMBSとセントーサはシンガポールに観光で来る方は一度は立ち寄る観光スポットになっていますので、いずれの店舗もアクセス良好です。
ご興味がある方も無い方も女性なら一度は立ち寄ってみたくなるお店じゃないでしょうか?
女子力もきっと大幅UPですね!
男性の方も女性へのお土産にとても喜ばれるのではないでしょうか?

 

と、いうわけで今回はVictoria’s Secretをご紹介させていただきましたがいかがだったでしょうか?
お土産は旅の悩みの一つ。
ぜひ悩んだらビクシーに立ち寄ってみてはいかがかなと思います。

 

それでは、また次回。

 

おしまい。

 

Victoria’s Secret(ヴィクトリアズ・シークレット)

ION
2 Orchard Turn ION Orchard #B2-32
(+65)6723 7998

 

313@somerset
313 Orchard Road Level 1
(+65)6723 7997

 

MBS
Canal Level, B2-19, The Shoppes at Marina Bay Sands
(+65)6723 7999

 

Shopping at Resorts World
Galleria Level 2
(+65)6723 8024


商品NO.3「老伴豆花」(Lao Ban Soya Beancard)のスイーツを頂く!!

2013年02月18日おすすめ観光コース,マリーナ,戸田さんの投稿,甘いものコメント&トラックバック(0)

_1_2

記事投稿者
戸田

本日紹介したいのは、ローカルのシンガポーリアンに大人気のさっぱりスイーツ!
その名も「老伴豆花」Lao Ban Soya Beancard

観光客だと恐らく知らないであろうこのローカルスイーツ、
女の子だけでなく男も食べやすいすっきり味は、どんどん食べてしまうので、食べ過ぎに注意です。

料金も1.5ドルとかなり手頃に食べれます。
見た目は、豆腐?のように見えます。

_6

そして入れ物もデカイ。。こんなに食べれるかなと最初は思いましたが、一瞬で食べ終わります。

 

日本でいう豆乳プリンのようなもので、ふわふわで、みずみずしい味わい!
表面は豆乳が固まっていてちょっと固くなっていているのですが、これがたまらない!

_7

今日も昼飯後だったので食べれるかなと思ったのですが、この通り、一瞬で食べ終わりました。

_8
一度食べたらやみつきになります。
 

この豆乳プリンは、他のお店も出したりしているのですが、
ここの「老伴豆花」Lao Ban Soya Beancardが今のところ私の一番です!

この暑いシンガポールで、さっぱりしたこのスイーツは男にもお勧めしたい!
場所はラッフルズプレイスにある「One Raffles Place」というショッピングモールの地下にあります。

_4

「One Raffles Place」の場所は、MRTのラッフルズプレイスを降りて徒歩10秒くらいの場所にありますので、すぐわかると思います。

_5

お店がある場所は、ちょっと場所も分かりにくいので、「One Raffles Place」の地下1階に下りて頂き、
写真にある「Fun Toast」を目印に向かいの奥にありますので、探してみてください。

_3

時間帯によっては大行列で、お勧めの時間は朝8時のオープン頃か昼の14時以降です。

あまり遅すぎても売り切れてしまう場合もありますのでご注意を!
 
この辺りに来ると昼飯を「ラーメンバーすず木」を食べてからこの「老伴豆花」が自分の定番コースになっています。
豚骨スープを飲んだあとの豆乳の味わいが以外にハマります!
ぜひお試しください。
 
 
 
「老伴豆花」
Lao Ban Soya Beancard
電話: 9734-1283
住所: 1 Raffles Place #B1-01C
営業: 月曜~金曜まで営業 月-木曜日は朝8時と夕方4時に2回オープンし、金曜は朝8時から1回オープンして無くなり次第終了となります。


より大きな地図で 「老伴豆花」Lao Ban Soya Beancard を表示


商品NO.4広大な賃貸物件、エーデルワイスパークコンドに行く!:シンガポールラーメン食べある記18

2012年10月26日おすすめ,シンガポールラーメン食べある記2012,ピックアップ情報,住居,徳永さんの記事,生活ガイドコメント&トラックバック(7)

記事投稿者:徳永

前回の物件情報、如何でしたでしょうか?
僕のような庶民にはちょっと高すぎてほとんど参考にならないのですが、
でもシンガポールの物件ってやっぱオシャレですよね!!

日本で言うデザイナーズ物件的なものがスタンダードって羨ましい!!

日本の場合、デザイナーズって言葉が付くだけで料金が上乗せされてしまいますから。。

まーまー賃貸物件のお話はこれくらいにしまして、
、これからいよいよ本日一杯目のラーメンを食べに…

続きを読む…


商品NO.5Fairmont Singaporeに泊まる

2012年08月07日シティホール周辺,ピックアップ情報,ラグジュアリー,市毛さんのおもしろ日記,日本料理、和食コメント&トラックバック(0)

こんにちは、またまた市毛です。

連日のオリンピック観戦ですっかり寝不足です。
寝不足ついでに更新しちゃいましょう。
今回も市毛お気に入りのホテルのご紹介。

Fairmont Singapore(フェアモント シンガポール)でございます。
私が宿泊したときは1泊朝食付きで2万円ほどだったかと。
ホテル代の高いシンガポールでは普通程度の料金設定でしょうか。
しかし、このホテルがなかなか良かったです。

続きを読む…


商品NO.6シンガポールラーメン食べある記1 タンジョンバガーの豚骨キング

2012年06月14日シンガポールラーメン食べある記2012,タンジョンパガー,ピックアップ情報,ラーメン,徳永さんの記事,日本料理、和食,観光ガイドコメント&トラックバック(0)

記事投稿者:徳永

ご無沙汰しております!!
約4ヶ月前、こちらでシンガポール旅行記を書かせて頂いていた徳永と申します!!
久しぶりにこちらで記事を書かせて頂くことになりました!

テーマは…今や日本の食文化の中心、そう!国民食とも言える「ラーメン」です!!

なぜラーメンなのか!?
実はシンガポールも今、ラーメン戦国時代の真っ只中らしいのです!!

こうしている間にも、
シンガポールではスープを作っては違うと言って鍋をひっくり返し、
麺作っては味見しまくるというラーメン職人さんたちの熾烈な戦いが繰り広げられているのです!!

無類のラーメン好きな自分は、これは行かねばと合間を見付けてシンガポールへ行って参りました!
実は私、こう見えてなかなかラーメンにはうるさい男でありまして、
ラーメンの鬼と呼ばれる、あの「佐野 実」氏の怒らないバージョンと思って頂いて結構です!!

で、いつかのチキンライスと同様、シンガポールの有名ラーメン店を出来る限り周り食べまくろうと思っております!!

シンガポールの観光情報などを期待されている方には申し訳ありませんが、
今回はラーメンをテーマに書いていきたいと思っていますので、予めお伝えしておきます!!

実はこの「写真で見るシンガポール」にも何店舗もラーメン屋さんの記事が登場しておりますが、
今回はその中でも特に話題のお店をご紹介しようと思っています!

という訳で、最初にご紹介するラーメン屋さんはこちら!!

タンジョンバガーにある「けいすけ 豚骨キング」さんです!!
ラーメン通の方は「けいすけ」という名にピーンと来るかもしれません!
そうなんです!ラーメン戦争で最も過酷と呼ばれる高田馬場特区の雄、
「二代目 海老そば けいすけ」さんの系列店なんです!!
※他にも「けいすけ」ブランドはたくさんあるらしいのですが、自分はここしか・・・。

(香港の豚王とよく似ていますが、真似をしているだけで、関係はないようです。)

 

あと、一応言っておきますが、ぶたぼねキングではありませんね。

トンコツキングと読みます!!一応!!

それと、場所をタンジョンバガーと言われても分かりません!!
という方に説明しておきますが、
マリーナ・ベイ・サンズのあるマリーナエリアから2~3kmのあたりになります!

おぉ!!ここが豚骨キングか!!

暖簾(のれん)には、デカデカと「豚」「骨」「王」の文字が!!!
なんかこれから戦いに行くような…そんな感じでテンションが上がります!

おぉ~混んでる!!
まー、でも今回は取材に来ているので並ぶことなく入…

 

れる訳ありませんね。。ちゃんと普通に並びます。
待ってる間に麦茶のサービスが!暑いシンガポールではこれはかなり嬉しいサービス!!

その間に注文票を渡されて記入します。

メニューは日本語バージョンと英語バージョンで分かれていて、
迷わず日本語バージョンをチョイス!!

で、本来ならここで美味しそうなラーメンを注文する訳ですけど、
なんと、ここ豚骨キングでは、

ラーメンのタイプ…普通、黒、赤
ラーメンのスープ…薄い、普通、濃いめ
麺のタイプ…ソフト、普通、硬め
鶏油…少し、普通、多め

から選ぶことが出来ます。。

ちなみに、「鶏油」とは”チーユ”と読みます。
鶏肉の加工時に出た屑肉などを加熱して精製する油のことだそうです。

結局、選んだのは、

ラーメンのタイプ…黒
ラーメンのスープ…普通
麺のタイプ…普通
鶏油…普通

と、最初の黒以外は全部普通で注文!!

 

そして待つこと10分!!

ようやく店内に入ることが許されます!!
いよいよ黒×普通×普通×普通ラーメンが我がテーブルに!!

気になるお味は…

 

 

あの~何て言うんでしょう…。

コクが足りないと言うか…。

味に深みが無いというか…。

それと、スープは普通で注文したのですが、結構しょっぱい。。
シンガポールの料理は薄味なものが多いので、
なんか余計にしょっぱく感じてしまいました…。

あの~、これは僕の予想なんですけど、
ラーメンには返し(ラーメンだれ)と出汁を取ったスープがありまして、
ラーメンのスープは返しを出汁スープで薄めて作る訳ですが、
豚骨キングさんのスープはそのバランスが悪いようにも思えました。

だからしょっぱくコクのないスープになってしまっているのではないかと…。

自分はラーメンを食べるとスープも全部飲み干すタイプなのですが、
今回は飲み干すことが出来ませんでした。。

総評としては…、うーん…、まずくて食べれないというわけではないのですが、
並んでまでして食べるものなのかどーか…。

料金は14SGDくらいでした。(税金、サービス料別)

まぁ、日本のラーメンは本場中国を超え今や世界一ですから、
ラーメン戦争と聞いてちょっと期待し過ぎてしまったのかもしれません。。

最後に・・・、写真が全然ないじゃないか!!という声が聞こえてきているっぽいのでお答えします。
あのー、実は命よりも大切なカメラを宿泊先に忘れてしまい・・・、隣で食べている人にラーメンの画だけ移してもらい、
それを後日データで送ってもらったのでした。。あの時の人!!どうもありがとう!!

・・・本当に申し訳ありません。。

次はバッチリ写したいと思います!!!!!

<豚骨キング>


所在地 :1 Tras Link #01-19 Orchid Hotel
電話  :6636-0855
営業時間:(ランチ)11:30~15:00 (ディナー)18:00~22:30
※スープがなくなり終了する場合があります。
最寄駅 :Tanjong Pagar(EW15)

<つづく>

記事投稿者:徳永


TOPPAGE  TOP 

サイト内検索

メニュー