甘いもの

フルーツ・パラダイスFruit Paradice

この記事が属するカテゴリ> オーチャードピックアップ情報日本のチェーン店甘いもの
(1 votes, average: 3.00 out of 5)
Loading...Loading...



フルーツ・パラダイスFruit ParadiceというケーキやさんがOrchard Centralにあります。

安くて美味しいということで、行ってきました!

(続きを読む…)

Flor ケーキ屋さん

この記事が属するカテゴリ> ピックアップ情報日本料理、和食甘いもの
(1 votes, average: 1.00 out of 5)
Loading...Loading...



Duxton Hillにあるケーキ屋さんFlorです。

日本風のケーキ屋です。

(続きを読む…)



チャイニーズ・ニューイヤーを感じる

この記事が属するカテゴリ> おすすめおすすめ観光コースチャイナタウン市毛さんのおもしろ日記甘いもの

投票受付中!
Loading...Loading...



チャイニーズニューイヤーチャイナタウン

こんにちは、お元気でしょうか。
久しぶりの更新、市毛です。

 

さて、シンガポールは今まさにお正月ムード満載です。
「え?お正月って今は2月でしょ?」そんな風に思う方もいるかと思います。
いやいや、ここはシンガポールでございます。
シンガポールは多民族国家でありますから、いろんな国のお正月があるんですね〜。
しかし、その中でも圧倒的に盛り上がるのが2月の10、11日(※2013年度)に行われる中国の旧正月をお祝いするチャイニーズニューイヤー(以下CNY)というわけです。
数ある民族イベントの中でも最も盛り上がるイベントで、街中にお正月飾りやイルミネーションが施されます。
また、お店ではセールなんかも行われるんですね〜。
「なんだか楽しそう。来年のシンガポール旅行はCNYに合わせて行こう!」そんな風にお考えの方はちょっと注意も必要です!
日本に比べて祝日が少ないシンガポールですが、この日だけはガッツリ休みます!
大きなデパートなんかもお休みします!
なので行きたいところがある場合は事前にチェックが必要なんです。
CNYを直撃するよりはちょっと前に旅をプランニングしても充分その雰囲気は味わえますよ!

 

さてさて、そんなCNYを味わおうと私も出かけてきました。
CNYを味わうと言えばやはりチャイナタウンしかないでしょう。

 

さっそく地下鉄に乗ってチャイナタウン駅へ!
(チャイナタウン駅はノース・イースト・ライン【紫色のNE線】のチャイナタウン駅下車)
おりた瞬間この光景です・・・

チャイニーズニューイヤー

すごい人です・・・
お正月のアメ横に来ている感じですね。
お正月にちなんだお菓子やら料理やら飾りやらが至る所で売られています。

 

ものすごい活気です。

 

なんだか縁起がよさそうな飾りやら、

チャイナタウン

 

ちょっと気持ち悪い、こん棒のキャラクターのようなものまで、いろいろ売っています。

 

気持ち悪い人形

 

歩いているだけでとても楽しいですね。
ただ、歩きづらいですけど・・・

 

そして、チャイナタウンの町歩きのもう1つの楽しみ方といえば、おもしろ日本語を探すこと。
前にも箸にまつわるものを紹介しましたが、今回もおもしろい箸をみつけてきました。

 

こちらです。

箸

 

 

一見普通ですね。【彩風】という日本製の箸のようです。

しかし、一部を拡大してみましょう。

ちなみに、これは “箸” ・・・・・

 

 

 

 

風のようなもの

 

 

ではなく、風のようなもの。らしいです・・・

全く意味がわかりません・・・

 

と、まぁ、こんな感じでいろんな意味で楽しいチャイナタウンです。
最後に市毛がたまに行くスイーツのお店をご紹介。
かなり有名でガイドブックなんかでもよく紹介されてますね。

meiheongyuen

味香園(Mei Heong Yuen)です。
メイヒョンユエンと読むんだと思います。

ここで有名なのがスノーアイス。
まぁ、かき氷みたいなものです。

種類も豊富です。
menu

その中でも私のオススメはマンゴーですね。

mangosnowice

見た目はちょっとアレですが、これがまた、とってもンマイんです!
チャイナタウン以外にもIONなどにもありますので、是非一度ご賞味ください。
※チャイナタウン店はTemple St.沿いにあります。駅のA出口を出るといいでしょう。

 

 

今回の記事はいかがだったでしょうか。
あまりうまくチャイニーズニューイヤー感を出す事はできませんでしたが、本当に盛り上がるイベントですので、是非とも旅行のプランニングに盛り込んでみてはいかがでしょうか。

 

それでは、また次回。

 

 

と、終わろうと思っていたのですが、写真の整理をしていたら変な1枚を見つけたのでUPします。
チャイニーズニューイヤーもチャイナタウンも全然関係ありませんが、以前リトルインディアのムスタファセンターで買い物をしているときに撮ったものだったと思います。

これです。

 

 

 

ムスタファセンター

 

 

 

もはや何も語るまい。。。

 

 

 

おしまい。

「老伴豆花」(Lao Ban Soya Beancard)のスイーツを頂く!!

この記事が属するカテゴリ> おすすめ観光コースマリーナ戸田さんの投稿甘いもの

投票受付中!
Loading...Loading...



_1_2

記事投稿者
戸田

本日紹介したいのは、ローカルのシンガポーリアンに大人気のさっぱりスイーツ!
その名も「老伴豆花」Lao Ban Soya Beancard

観光客だと恐らく知らないであろうこのローカルスイーツ、
女の子だけでなく男も食べやすいすっきり味は、どんどん食べてしまうので、食べ過ぎに注意です。

料金も1.5ドルとかなり手頃に食べれます。
見た目は、豆腐?のように見えます。

_6

そして入れ物もデカイ。。こんなに食べれるかなと最初は思いましたが、一瞬で食べ終わります。

 

日本でいう豆乳プリンのようなもので、ふわふわで、みずみずしい味わい!
表面は豆乳が固まっていてちょっと固くなっていているのですが、これがたまらない!

_7

今日も昼飯後だったので食べれるかなと思ったのですが、この通り、一瞬で食べ終わりました。

_8
一度食べたらやみつきになります。
 

この豆乳プリンは、他のお店も出したりしているのですが、
ここの「老伴豆花」Lao Ban Soya Beancardが今のところ私の一番です!

この暑いシンガポールで、さっぱりしたこのスイーツは男にもお勧めしたい!
場所はラッフルズプレイスにある「One Raffles Place」というショッピングモールの地下にあります。

_4

「One Raffles Place」の場所は、MRTのラッフルズプレイスを降りて徒歩10秒くらいの場所にありますので、すぐわかると思います。

_5

お店がある場所は、ちょっと場所も分かりにくいので、「One Raffles Place」の地下1階に下りて頂き、
写真にある「Fun Toast」を目印に向かいの奥にありますので、探してみてください。

_3

時間帯によっては大行列で、お勧めの時間は朝8時のオープン頃か昼の14時以降です。

あまり遅すぎても売り切れてしまう場合もありますのでご注意を!
 
この辺りに来ると昼飯を「ラーメンバーすず木」を食べてからこの「老伴豆花」が自分の定番コースになっています。
豚骨スープを飲んだあとの豆乳の味わいが以外にハマります!
ぜひお試しください。
 
 
 
「老伴豆花」
Lao Ban Soya Beancard
電話: 9734-1283
住所: 1 Raffles Place #B1-01C
営業: 月曜~金曜まで営業 月-木曜日は朝8時と夕方4時に2回オープンし、金曜は朝8時から1回オープンして無くなり次第終了となります。


より大きな地図で 「老伴豆花」Lao Ban Soya Beancard を表示

PAUL(ポール)

この記事が属するカテゴリ> エリアから検索オーチャードグルメ・レストランフレンチ両替市毛さんのおもしろ日記甘いもの

投票受付中!
Loading...Loading...



ポウルpaul

どーも、市毛です。

 

本日ご紹介するのはPAUL(ポール)という1889年にフランス北部で創業されたパン屋さん。
現在では27カ国 500店舗近くもある超有名店なんですね〜。
もちろん日本にもあるのでご存知の方も少なくないでしょう。

ちなみに私は日本では言った事がないですが、いただいたバケットを食べたことはあります。
味は忘れちゃいましたけど・・・

 

さてさて、そんなポールさんのシンガポール店ですが、TAKASHIMAYAに入っております。
私、TAKASHIMAYAには良く行くんです。
あそこには紀伊国屋書店さんが入っていますからね。
紀伊国屋書店は毎週欠かさず行くんですよ!市毛には意外と知的な一面もあったりなかったり・・・
まぁ、それはどうでもいいことですが、そんな紀伊国屋書店さんとポールさんはお隣同士なんですが、紀伊国屋に行く度に気になっていたんです。
ただ、かなりお洒落な感じのお店ですし、いつも行列が出来ていてなかなか入りづらかったんですね・・・

 

で、満を持して今回突入した訳です。
あんまり行列ができていない時を見計らって!

ポウルpaul外観

数人並んでいましたが、グループ客だったようで1人の私が先に店内に案内されました。

さぁ!こちらが店内です!

内観
いやぁ、店内もお洒落です。
って、この写真じゃ全然わからないですね・・・
でもあれですよ、周りの人たちが貴族に見えてきますから!
それくらいお洒落な感じです。
中年1人客はかなり浮きます!ドキドキします。

いや、まぁ、でも、もう入ってしまったので、開き直りましょう。
開き直って紀伊国屋書店で買った少年ジャンプを読んでやりましょう!
※紀伊国屋書店に行く目的が少年ジャンプの購入というのがココでバレてしまいましたね。中年なのに少年ジャンプは毎週見てるんです。別にいいじゃないですか!

 

 

 

と、いう暴挙にはさすがにでませんでしたのでご安心ください・・・

 

さて、メニューをパラパラとめくって見ているんですが、何を頼みましょう。
かなり迷います。
どれも美味しそうですが、ここはフランスを代表するパン屋ということで、

クロックムッシュを注文しました!
それと、デザートにクレープも!

クロックムッシュとは、まぁ、あれです。
トーストですね。

パンにハムとチーズを挟んでフライパンで焼くんです。
上に目玉焼きが乗っかっているのはクロックマダムといいますね。

そう、そういえばクロックマダムはあれに似ていますね。
天空の城ラピュタでパズーとシータが洞窟内で食べていたアレです。

laputa

ん?ぜんぜん違うな・・・

 

 

で、待つ事10分程。お料理が到着です。

クロックムッシュ

はい、おいしそうですね〜。

ここはパズーを見習って手づかみでガブッと!

 

 

 

と、いう暴挙にはでず、ちゃんとお上品にナイフとフォークでいただきました。
まぁ、味の方はうまく説明できないですが、あれです。うまいです。

そして見た目に反して結構お腹いっぱいにもなります。

クレープもシンプルですが、とてもおいしかった!
ただ、お会計ですが、クロックムッシュ17.9ドル、クレープ7.5ドル、アイスティー7.5ドル、それにサービス料と税金が入りまして合計38.72ドル!
パンにしてはかなり高かったですね・・・

 

という感じで今回はおしまいです。
いかがだったでしょうか。
こちらのポールさん、お食事に利用するのもいいですが、デザート系も充実しているのでカフェとして利用してもいいと思います!
優雅なカフェタイムを過ごすには最適ですね!
是非ご利用してみください。
ちなみに外にはお持ち帰り用のパンやスウィーツが売っていたりしますので、そちらも是非ご利用ください。
paul

 

それでは、また次回・・・

 

あ、あとですね、余談ですが観光客の皆さん、紀伊国屋書店さんとポールさんはお隣同士だと文頭で説明いたしましたが、詳しく言うと違います。
間にもう一件お店があるんです、両替屋さんが。
この両替所ですが、結構レートがいいのでオーチャードで両替所をお探しの際に行ってみてはいかがでしょうかね。

 

おしまい。

 

PAUL
住所:391 Orchard Road #03-16/16A/17 Takashimaya Shopping Centre
電話:6836-5932

 

路上アイス屋さん

この記事が属するカテゴリ> その他オーチャード市毛さんのおもしろ日記甘いもの
(1 votes, average: 1.00 out of 5)
Loading...Loading...



アイス6アイス5

 

こんにちは、市毛です。

 

シンガポールの街を歩いていると度々見かける移動式アイス屋さん。
オーチャードなんかには50mに1店くらいみかけます。
どこのアイス屋さんも人だかりができているので気になった人、食べたとのある人も多いかもしれません。

 

私も前から気になっていたのですが、なかなか試す事ができませんでした。
ですが今回あまりにも歩いていて暑かったので初体験してみることにしました。

お店(お店というのはちょっと違うか?)は適当に決めて問題ないと思います。
多分どこも大差ないはず。

アイス3

おぉ、すごい人気!
ここにしようかな・・・と、思いましたが混んでいるの別のところをへ。
ちなみに、このアイス屋さんは、
アイス1

このようにバイクで移動しているんですね〜。
神出鬼没です。

 

で、この混み合っているアイス屋さんをさけ、数メートル先の比較的空いているアイス屋さんへ。
こちらのお店はアイスのメニューがたててありわかりやすかった!
アイス6

メニューはいろいろ。

アイス7

しかも全品(?)1ドル!

激安です。

何にしようか迷いましたが、大好きなチョコミントを選択。
注文するとオジサンが冷凍庫からブロック状のアイスを取り出し、包丁でぶった切ってくれます。
で、その後はアイスを挟むものを選びます。
オーソドックスなのは食パンかウェハースですが、写真にあったので普通のコーンもあるのかもしれません。

私はパンで挟んでもらいました。

こちら。

アイス5アイス4

これで1ドルです。
安いです。

パンがやたらカラフルなのはちょっと気になりますが、安くておいしいデザートです。
シンガポールの街歩きに疲れたらこんなデザートで一休みもいいのではないでしょうか。

 

おしまい。

 

 



TOPPAGE  TOP 

サイト内検索

メニュー