まる玉ラーメン(Marutama) リャンコート:シンガポールラーメン食べある記20


Sponsor Link  

ブログランキングに参加中です!応援お願いいたします! ↓別窓で開きます。
にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ

記事投稿者:徳永

いやはや、ついにこのシンガポールラーメン食べある記も20回目を迎えました!!

これまで色々なシンガポールのラーメンを食べてきましたが、
一つ言えることはどのラーメンも美味しいということですね!

 

勿論、その美味しいの中にも甲乙はありますが、
ラーメンの味に肥えた日本人も美味しく感じれるのですから、
レベルとしてはかなりのレベルと言っていいと思います。


Sponsor Link  


とはいえ、日本のラーメン店が参入しているので、
それは当然のことなのかもしれませんが、
異国で日本と同じ味を出すというのは、
そのラーメンを食べる人たちの食文化も違う訳なので、
言葉で言うほど簡単ではないと思うんです。

日本のラーメンの味に引けを取らないということは、
それだけ日本のラーメンという食文化がシンガポールに浸透している証拠なのだと思います。

実際、お店にはシンガポール人も多く見かけましたからね。
日本人としてはなんだか嬉しくなる光景でした。

まー、前置きはこれくらいにしまして、本日の2件目はリャンコートショッピングセンターにある・・・

「まる玉ラーメン」さんに行ってみたいと思います!!

これが入り口なのですが、

これだけ見ると完全に「日本」ですよね。。
メニューがガッツリ日本語です…。


まる玉のロゴも実に日本ぽい!!

外にはイスが並べてあったのですが、
この日は2人並んでいて、自分は3人目になりました。
イスが用意されているほどですから、
ここでもラーメンの人気は高いようですね!!

10分ほど並び中へと案内されます。

一人だったのでカウンターに座ることになりました。
外観と違い、店内は英語などで書かれたものが多くシンガポール色が強い感じですね。

注文したのはこのお店の看板メニューである「丸玉ラーメン」
こちらのお店のラーメンの特徴はスープ!!

シンガポールでは豚骨スープが主流なのですが、
ここは珍しい鶏のスープなんです。

今までにない味っぽいのでかなり期待出来ますね!!
シンガポールで鶏スープ…一体どんな味なんでしょう!!

お!!
と思っていたらこんなところに説明書きが!!

胃袋を刺激してくれます!!
生からしラーメン・・・気になりますが、どうもそそられません。。

…でもガッツリ日本語でした。
シンガポール人にも分かるように
英語バージョンも用意した方がいいんじゃないかと思いました。

待つこと5分!!
(出てくるのが早い!!)

ご覧下さい!!

こちらがまる玉ラーメンです!!

鶏のスープがなんとも綺麗じゃないですか。
そして大きなチャーシューがドカンと1枚!!
あとアオサみたいな海苔みたいなのも乗ってますね!
今までとかなりテイストが違いますがお味はどうでしょう…

まずはスープを一口…

ずずずzzz…

う…

薄い…

えー、薄いです。

良い言い方をすれば繊細な味とでも言うのでしょうが、
濃い味が好きな自分にとっては薄い以外何者でもありません。。
何と言いますか、一杯飲んだ後に食べたくなるような優しい味です。

麺は中太ちぢれ麺で、ほどよくスープに絡みます。
…がスープの味が繊細過ぎてあんまり味がしないというのが正直な感想です。。

現地の人は薄い味が好きなのでしょうか?

という訳で総評にいってみたいと思います。

【スープ】…★★
【麺】………★★
【店内】……★★★
【行列】……★★
【気合い】…★★★

 

ラーメンて普通、ラーメンダレを色々なダシが出ているスープで割って
初めてラーメンスープになる訳ですが、なんか出汁のスープだけで食べてるような…。
醤油なら醤油!みそならみそ!
みたいにハッキリした味が好みの方にはあまりオススメ出来ませんが、
繊細な味、または鶏スープが好きな方はオススメ出来ます!!

という訳で、まる玉ラーメンをご紹介致しました!!

<まる玉ラーメン/リャンコートショッピングセンター内>


所在地 :177 River Valley Road #02-01/02 Liang Court Shopping Centre
営業時間:11:00~22:00
最寄駅 :Clarke Quay(NE5)

<つづく>

記事投稿者:徳永

ブログランキングに参加中です!応援お願いいたします! ↓別窓で開きます。
にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ

Sponsor Link  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です