東池袋大勝軒(Taishoken):シンガポールラーメン食べある記14


Sponsor Link  

ブログランキングに参加中です!応援お願いいたします! ↓別窓で開きます。
にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ

記事投稿者:徳永

えー、ついに後半戦を迎えております、
ブギスプラスのラーメンチャンピオン編!!

今回私が立ち向かうのは、
あの東池袋で有名な大勝軒さんです!!

東池袋の大勝軒は一度も行ったことがないのですが、
テレビでよく見かけたことがあります!!


Sponsor Link  

行列の出来るラーメン屋さんの元祖と言ってもいい大勝軒!!
テレビで見る限り並ぶ気すらうせるような行列だったのを覚えています。。

そんな大勝軒さんのラーメンがシンガポールで、
しかも並ばずに食べれるんですね~。

では早速行ってみましょう!!

これが大勝軒のブースです!

お!暖簾に山岸印がしっかりと付いてますね!!
大勝軒の原点である山岸一雄さんの特集をテレビで見たことがあります。

その時、とても印象的だったのは、
奥さんに先立たれ、更に足を患っていた山岸さんが必至でお店に立つ様子。
確か、奥さんが飼われていた猫の写真に話しかけていたのを、
なんとなくですが覚えています。(間違えていたらすいません。。)

そして、東池袋の再開発により大勝軒は立ち退きを余儀なくされ、
あの行列で絶えなかった名店が急きょ閉店することになりました。
この時は、確かヤフーニュースでも取り上げられていたと思います。

一度くらいは食べてみたかったなーなんて思いながらニュースを読んだことを覚えています。

しかし、ファンの後押しもあり、
約一年後に前のお店から近いところに復活したんですね!!

テレビではそこまでドキュメンタリーでやっていました。

生みの親である山岸さんはその頃にはほとんど歩けなくなっており、
お店に座り監督をしている感じだったのを覚えています。

そんな山岸さんを慕い、
今では数多くの弟子たちが、同じ大勝軒の看板を背負い営業しているそうです。

その中の一つがこのシンガポール店でもあります。

暖簾にはもう一つ、飯野印がありましたが、
これは南池袋の店主であった飯野敏彦さんの印なんですねー。
この二大巨頭で現在「東池袋大勝軒」を支えているそうです。

という訳で、今回はお店の歴史から入ってみました。

大勝軒に限らず、きっとラーメン一つ一つには歴史があるんでしょうね。

こんな風にそのお店の歴史を知ってから食べると、
味わい深い一杯になるのではないでしょうか。

そうこう言っているうちに来ましたよ!
大勝軒のラーメンが!

さっそく一口いってみましょう!!

麺を付け汁に付けて・・・

・・・まずまず。

初めての味とか、この店ならではとかそういう感動はありません。
ただ、すごく安心して食べることの出来る味です。

オーソドックスなつけ麺という感じですね。
それとナルトがいいですねー!久しぶりに見ました!
ザ・ラーメンという感じで落ち着きます。

あと、これは余談ですが、
昔、電車の中でオーソドックスを、

オードソックス

と素で言っている人を見かけたことがあります。
確かに陥りやすい間違いではありますが、そこそこなお歳でしたからね。
その時一人だったのですが、笑いをこらえるのに必死でした。
更にその人が、オードソックスを2~3回連呼するという
自分にとって最悪な事態になりましたからね。
本当に笑ってしまいそうで、
顔面を硬直させがら真顔で耐えたのを覚えています。

 

ところで、麺をしっかりと冷水でしめていないので、もっさりした感じが否めませんでした。こういうところは手抜きせずにしっかりとやってほしいものです。

食事はもてなしの心が大切だと思うのです。手抜きはやはりがっかりしてしまいますね。

てな感じで大勝軒の総評はこちら!!

【スープ】…★★
【麺】………★
【店内】……今回は全て同じなので評価しません。
【行列】……★★★
【気合い】…★★★★★

何度も言いますがシンプルでうまいです!
まー、この大勝軒の特徴をしいて挙げるならば、
つけ麺という割と最近の文化ながら、
昔ながらの味を思わせてくれるちょっと不思議なつけ麺なのかもしれないですね。

・・・という訳で、今回は東池袋 大勝軒のつけ麺を頂きました。

日本から遠く離れたシンガポールとはいえ、
そこにはしっかりと生みの親である山岸さんの心がありました。

シンガポールでも多くの人に愛されるラーメン店になればいいですね。

そして、こんなこと本当に申し上げにくいのですが、
残してしまったことをどうぞお許し下さい。。

お腹が・・・いっぱいなんです・・・。

今度、東池袋の大勝軒本店でこのリベンジを果たしたいと思います!!

その時までどうぞお元気で!!

ごちそう様でした!!

<東池袋大勝軒/ブギスプラスラーメンチャンピオン内>


所在地 :Bugis+ 4F, 201 Victoria Street, Singapore, 188607
営業時間:11:30~22:30
最寄駅 :Bugis(EW12)

<つづく>

記事投稿者:徳永

ブログランキングに参加中です!応援お願いいたします! ↓別窓で開きます。
にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ

Sponsor Link  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です