富山ブラック麺屋いろは:シンガポールラーメン食べある記12


Sponsor Link  

ブログランキングに参加中です!応援お願いいたします! ↓別窓で開きます。
にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ

記事投稿者:徳永

えー前回に引き続き今回もブギスプラスにあるラーメンチャンピオンの店舗をまわってみたいと思います!!

次なるお店は・・・富山のご当地ラーメン、富山ブラック麺屋いろは!!

実は僕は色の黒いラーメンが好きなんです。
黒って言っても絵具の黒を水で溶かしたような黒じゃなくて、
醤油味の濃いスープのような黒が・・・。


Sponsor Link  

で、かねてから富山ブラックというラーメンに興味がありまして、
いつか富山に言って食べようなんて思っていましたが、
まさかそれが異国のシンガポールで叶うとは思いませんでした。。

ではそんな富山ブラック麺屋いろはさんのブースへ行ってみましょう!!

ここがシンガポールの富山ブラック麺屋いろはさんです!

ラーメンチャンピオン内のお店はどこもこんなノリの店構えですね!

腕組みした写真から気合いを感じますね!!

まぁ、食ってけよ!みたいな!
それと、何度も言いますけど、この料理の鉄人みたいなノリが
シンガポールで受けているかどうかは謎です。

ちょっと心に戸惑いを抱えながらも富山ブラックを注文します。

例のごとく、この丸いヤツをもらいます。

ちなみに、作ってくれているこの店員さんは現地の方なのですが、

僕が日本人と分かるとすごく積極的に話しかけてきてくれました。
しかも日本語で!流暢とは言えませんが、それでも何を言っているのか全然分かりました。
日本には行ったことがないらしく、今は日本語の勉強を兼ねてここで働いているそうです。
日本はどうしても行きたい国と言ってくれました。なんだか嬉しかったです。

この人は、ラーメンをやたら食う僕を最後まで気にかけてくれました。

いい店員さんです!!

そして待つこと10分・・・
ついに念願の富山ブラックが我が目の前に!!

・・・。

あれ?
そんなに黒くないぞ?

なんていうか、ヴィジュアル的には自分で作ったチャル●ラみたいな。。

「黒いスープ」ってものにかなり期待していただけに見た目はかなりショックでした・・・。

まーいい!!
ラーメンは見た目も大事だが味も大事だ!!
スープを飲んでみよう!

と、スープを一口・・・

ずずずー・・・

予想していた味と違う・・・。
なんだこの酸味は・・・。

 

 

え?これが富山ブラックっていうラーメンなの?
と素直にそう思いました・・・。

ここで「富山ブラック」というラーメンのルーツをお話ししましょう。

富山ブラックは、もともと肉体労働者のために作られたラーメンらしく、
汗を大量にかく肉体労働者の塩分補給とお腹いっぱい食べれるように味を濃いめにし、
そのラーメンをおかずにしてご飯を食べた・・・というのが発祥だそうです。

そして、本場富山ではライスは持ち込み可能だそうです。
勿論お店でライスの注文も出来るのですが、
お店によっては当時のスタイルをそのままに、
持ち込み可能なもののライスを出していないところもあるそうです。

かなり濃い味付けになっているので
ラーメン単体で食べるというスタイルは本来邪道な食べ方のようですね。
本場富山で富山ブラックを食べに行き、スープだけ飲んでいると、
お店の人に「しょっぱいからスープだけ飲む人はいないよー」と言われるそうです。。

僕はそんな濃い醤油味のラーメンを想像していましたが、
かなりシンガポール風にデフォルメされてしまってました。

期待度が高かっただけに残念度も・・・高い。

評価はこんな感じです・・・

【スープ】…★★
【麺】………★★
【店内】……今回は全て同じなので評価しません。
【行列】……★
【気合い】…★★★★★

店員さんがすごく良い方だったので良い点数付けたかったんだけどなー。
その点を考慮し気合いは最高値とさせて頂きました

でも、麺屋いろはさんでは本場でもこの味付けなのかもしれませんし、
やはり一度本場で確かめないといけないようですね。


ポスターだけ見ると「黒醤油」って書いてあるし、
スープも黒いのになー。残念・・・

という訳で、今回は富山ブラック 麺屋いろはさんをお届けしました!
うーん・・・残念だ。。

あ、あと、これだけ言わせて下さい!
僕に快く接してくれた店員さん!!
頑張っていつか日本に来て下さいね!!
日本の食文化はなかなかレベルが高いですよ!
それと、タクシーはそっちと違いものすごく高いのであまりお勧め出来ません。。
もし乗る場合は後ろのドアが勝手に空くでの気を付けて下さい!!
それではいつか日本で!!

<富山ブラック麺屋いろは/ブギスプラスラーメンチャンピオン内>


所在地 :Bugis+ 4F, 201 Victoria Street, Singapore, 188607
営業時間:11:30~22:30
最寄駅 :Bugis(EW12)

<つづく>

記事投稿者:徳永

ブログランキングに参加中です!応援お願いいたします! ↓別窓で開きます。
にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ

Sponsor Link  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です