プラザシンガポールのベスト電器に行く!!:シンガポールラーメン食べある記10


Sponsor Link  

ブログランキングに参加中です!応援お願いいたします! ↓別窓で開きます。
にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ

記事投稿者:徳永

えー、ラーメン大好き徳永です!!
シンガポールラーメン食べある記も、早10話目となりました。

今回もラーメン食いまくるぞ!!
…といきたいところなのですが、

実は、私の友人がシンガポールに住むことになりまして、
その際の物件やら電化製品やらを調達しなければいけなくなりました。


Sponsor Link  

それで、今回それに付き添った訳ですが…、
これがなかなか面白かったので、今回はその時のことを書こうと思います!!

まずは電化製品を見たいということで、
オーチャードにあるプラザシンガポールのベスト電器というところに行きます!

日本の家電量販店と言えばヤマダ電機やヨドバシカメラなどが有名ですね!
日本でのベスト電器というと、前者の家電量販店よりは少し知名度が劣りますが、
それでも知っている方は多いと思います!

でも、ここシンガポールでは最もポピュラーな家電量販店と言っても過言ではないでしょう!


そんなベスト電器に到着です!!

シンガポールに行ったことがある人でも、
シンガポールの家電量販店に行ったことのある人は少ないのではないでしょうか。
っていうか行きませんよね普通・・・。

なので今回は結構貴重な記事になるのではと自負しております。


店内は日本の量販店とすごくよく似ていますねー。

まずは家電の王様のテレビ!!

日本ではお目にかかることの出来ない「SUMSUNG」や「LG」なんかも売っています!

特に個人的に気に入ったのが「LG」!

性能はどうかは分かりませんが、デザインと値段がなかなかいいです!!

う~ん、、、日本人である以上これはあまり認めたくないのですが、
性能はさておき、韓国のテレビの方が安いしデザインがかっこいい。。

 

 

 

冷蔵庫なんかもこんな派手なものが売っていたりと、

日本の家電量販店を見るよりはるかに楽しい!!
なんと言ってもデザインが全部オシャレ!!

左側には補充式のドリンクバーが付いてます!

両方の扉を開けるとどれだけの大容量かが分かります!!

こういう冷蔵庫って日本ではほとんど見かけませんね。

というか、逆に日本の電化製品ってなんであんなにダサいデザインなんだろ。。
わざとダサくしているんじゃないかってくらい特に冷蔵庫なんかはかっこいいものがないです。。

他には、日本ではまず見ることの出来ない・・・

「PHILIPS」の炊飯器!

髭剃りや電動歯ブラシなんかでのメーカーだと思っていたのですが、
炊飯器も作っていたんですねー。。これには結構驚きました。。
デザインも日本の炊飯器よりかっこいいと思うのは自分だけでしょうか。

で、今回記事にしようと思ったきっかけになったのがこのトースターコーナー!!

ここが結構面白かった!!

えー、髭剃りと言えば日本でも有名なブランドの「BRAUN」!
「PHILIPS」と同じく電動歯ブラシなんかも日本ではお馴染みですが、
ここシンガポールでは、そんな「BRAUN」の・・・

トースターが・・・

あります。

その横にはさっき炊飯器もあった「PHILIPS」のトースターも、

あります。

そして、キッチン用具で有名な「Tefal」のトースターまで・・・

この通り!!

どうです?日本では見かけないトースターの数々!!

この通り「TOSHIBA」のオーブンレンジもありますが、

やっぱりデザインがなんだか野暮ったいですよね。。

そして、
圧巻だったのがこのトースター。

どこのメーカーのトースターだと思います??

結構衝撃を受けると思います。。

なんと、

ケンウッドの・・・

トースター。。。

え!?ケンウッドって言ったらコンポとかカーナビとかカー用品やオーディオ機器でしょ!?
と思いますよね。

なんと、トースターも作っていたんですねー。

他にもケンウッドのジューサーみたいなヤツとか、、

とにかくシンガポールのケンウッドは日本のケンウッドとは路線が全然違います。。

ん?よく見ると・・・、日本のケンウッドのロゴとはちょっと違うような…。
写真で見えるか分かりませんが、本家のロゴは「W」に赤が入ってるのに対し、
シンガポールのロゴは「K」に赤が入ってません?


↑日本のケンウッドのロゴ。

もしかして、これニセモノなんじゃ・・・。

と思って調べました!!
そしたら、調理器具のケンウッドはイギリスのメーカーだそうで、
日本のケンウッドとは一切関係が無いそうです。。

事業分野が重複しないため同じメーカー名が認められたのだとか。
また、混同を避けるために、ブランドロゴの赤い部分を「K」と「W」にそれぞれ変えているそうです。
ケンウッドのロゴの赤い部分にそんな秘密があったとは・・・へぇ~って感じですよね!

それと、ケンウッド絡みでもう一つ!!

ケンウッドと言うと、社名の由来は創業者が「モリ・ケン」だから!
・・・なんてのをどこかで聞いたことはありませんか?

実はあれ、真っ赤なウソなんです。

実際はハリウッドの「WOOD」に、語呂がよく高級感があるということで頭に「KEN」を付けたとか!!
高級感と「KEN」というのがどうも結びつきませんが実際はそうらしいですよ!

今度うんちくを披露する機会などがあれば是非使ってみて下さい!!

今回はシンガポールの家電量販店のお話でした!

<つづく>

ブログランキングに参加中です!応援お願いいたします! ↓別窓で開きます。
にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ

Sponsor Link  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です