Fairmont Singaporeに泊まる


Sponsor Link  

ブログランキングに参加中です!応援お願いいたします! ↓別窓で開きます。
にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ

こんにちは、またまた市毛です。

連日のオリンピック観戦ですっかり寝不足です。
寝不足ついでに更新しちゃいましょう。
今回も市毛お気に入りのホテルのご紹介。

Fairmont Singapore(フェアモント シンガポール)でございます。
私が宿泊したときは1泊朝食付きで2万円ほどだったかと。
ホテル代の高いシンガポールでは普通程度の料金設定でしょうか。
しかし、このホテルがなかなか良かったです。


Sponsor Link  

それでは早速いってみましょう!
ちなみに、スイソテルというホテルと並んで建っているので、入口やチェクインカウンターを間違えてしまう可能性がありますので注意!(私はスイソテルの方のカウンターに行ってしまい、フェアモントはあっちだよって教えられました・・・)

 

霊幻道士の道士を彷彿とさせる制服を身にまとったベルボーイ。

奇抜です・・・

 

いやぁ、それにしても霊幻道士、懐かしいですね〜。
若い世代の人には何の事かさっぱりだと思いますが、当時日本にキョンシーブームを巻き起こしたスゴイ映画なんです。
私は小学生でしたが、本当に大好きで何度も何度も見ましたよ!
ラム・チェンイン扮する道士がカッコよくて憧れたものです。
一応ホラー映画なんですが、笑いも満載で、モンチョイとウェイにはたくさん笑わせてもらいましたw


○モンチョイとウェイ

この二人、ダメなんだけど憎めないんですよ。

怖いけど笑える、そんな素晴らしい映画でした。
私は日本語吹替版を見ていたので道士は青野武さんのイメージで固まってしまっていますが、残念ながら現在は日本語吹替版のDVDなどは存在せず字幕版のみです・・・

吹替版の発売を切望します!!!!!!

とりあえず、懐かしすぎて字幕版DVDを購入してしまいました。

英語圏ではMr.Vampireというらしいですね・・・

 

と、話はそれてしまいましたがフェアモントに行く方はこの道士風ベルボーイを目印にしてみてください!

 

さて、道士に案内され、チェックインをすませます。

ロビーホールは広く高級感があっていいですね。
対応も申し分ありませんでした!

気になる客室ですが、こちらもなかなかです。
特に広いというわけではないですが、狭さも感じません。
充分です。
ベッドもすごく寝心地が良かったな。

バスルームはいろいろとスケスケですが、清潔感があります!
アメニティはmiller harrisというところのものでしたよ。

バルコニーに出ると、眺めもなかなか!

と、いうことでフェアモントのご紹介は以上。
いかがだったでしょうか。
ラッフルズホテルの向かいに建つこのホテル。
観光やショッピング、ビジネスにも便はいいですし、サービス、施設、価格と、どれをとっても非常に満足度の高いホテルだったと感じています。
朝食もとても種類が豊富でしたしね。
シンガポールのホテル選びに困ったら是非とも泊まってみてください。
市毛は自信をもってオススメしますよ。

 

さて、ホテルの紹介は以上ですが、今回はホテル内にあるレストランもご紹介しましょう。
仕事で疲れて、ホテル内で食事を済ませようと思って入ってみたのが、こちら。

 

お寿司を中心に和食を提供してくれるレストラン、みくにさん

店内は黒で統一されシックで高級感のある感じ。
席数もかなりあるように感じました。

もちろん カウンター席もあります。

小さいバーカウンターもありました。
日本酒の小さい樽がカワイイ。

 

さて、席に座りメニューを見てあることに気づきます。

それは・・・

 

 

かなりの高級店だったということ・・・

まぁ、入口を入った時点で薄々は気づいていましたけどね。

私のような小市民が来るようなところではなかったようです・・・

EDOMAI?

EDOMAEじゃねーの?

と、思いつつも、その値段設定にただただ驚愕するわたし・・・

しゃけが18ドル・・・赤貝はなんと40ドル・・・恐るべしエドマイ ニギリ スシ・・・

寿司が食べたいと思っていたんですが、この価格では満足に食べる事もできませんよ。

しょうがないので、一番安いかじき(たしか9ドルくらい)と魚の煮付け、海鮮丼を注文。

ちなみに海鮮丼は130ドルくらいだったかな・・・断腸の思いでした・・・

で、注文後しならくして続々と運ばれてきます。

 

かじき・・・

多分かじきの味がしました。

 

続いて魚の煮たやつ。

こちらは非常に優しい味付けでとてもおいしかった!

最後にメインとなる海鮮丼。

すごいですね。

ご飯が見えないくらいに具が乗っています。

さすが130ドルといったところでしょうか。
ネタも中トロ、アナゴ、ウニ、カニなどなど種類も豊富。

でも、私はマグロ、ウニ、アナゴが嫌いです・・・

まぁ、味の方は海外でこのレベルでしたら、とても優秀なのでしょうけど・・・

とにかく、私には高すぎます・・・

 

ただ、最後にお口直しの羊羹とともに日本人マネージャーでしょうか、席に来て挨拶をしていきました。

まぁ、こういったサービスはさすがといったところ。

 

 

ちなみに、お口直しの羊羹は大変に美味でございました。

 

おしまい。

ブログランキングに参加中です!応援お願いいたします! ↓別窓で開きます。
にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ

Sponsor Link  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です