THE FULLERTON HOTELに泊まってみた。


Sponsor Link  

ブログランキングに参加中です!応援お願いいたします! ↓別窓で開きます。
にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ

ご無沙汰しております、市毛です。

日本は最近とても暑いですね・・・暑いの大好き、夏大好きな市毛も、さすがに連日の酷暑日にはやられております。
なので、外には出ず家でロンドン五輪を応援しています。
どーせ家にいるならと、久しぶりにこちらで記事を更新させていただこうと思いました。

さぁ、そろそろ夏休みですね!
夏休みのご予定はお決まりでしょうか?
夏休みにシンガポールに行く人も多いのではないですか?
そんな人は必見のホテル情報ですよ。
え?遅い?
もう予約はすんじゃってます?
まぁまぁ、世の中にはまだまだ夏休みの予定を決めていないのんびり屋さんがいるはずです!
私のつまらない記事なんてのは、そんなのんびり屋さんが見てくれればいいのです。
五輪中継の合間にでも見てくれればいいのです。


Sponsor Link  


そんなわけで今回ご紹介するホテル。
ラッフルズに次ぐ格式の高さでシンガポールでも有名な
フラートンホテル(THE FULLERTON HOTEL)でございますよ!
何度かシンガポールに行った事のある私ですが、いつか泊まりたいと憧れていたホテルでございます。
その夢かないまして、先日1泊ですが宿泊してきました!

このフラートンですが、元々はシンガポール中央郵便局として1928年に建てられた歴史のある建物。
それを改修し、2001年にホテルとして生まれ変わりました。
ホテルとしては以外と新しいですが、建物は歴史のある宮殿のような豪華な造り!
マーライオンパークの裏手なので、マーライオンが移っている写真の後ろには結構な確率でフラートンホテルも移っておりますし、名前は知らなくても建物を見ればなるほど、アレか!と言う人も多いと思います。

こんな感じね。

そんな格式高いホテルに私のような小汚い中年が泊まれるのでしょうか。
つまみ出されないでしょうか。

不安を抱きつつも、エントランスへ向けて歩いて行きましょう。
エントランス横には・・・

 

 

これでもかというような高級車がズラリ・・・

フェラーリ、ジャガー、アウディR8、ベントレー、そして日本を代表する高級スポーツカーGT-R。
車の価格は日本の3倍とも言われるシンガポールで、この面々・・・いったいいくらするんでしょうか・・・
この他にもランボルギーニやポルシェなど、ここはモーターショー会場か!というほどのラインアップでした。

日本では車どころかママチャリに乗っている私にとっては肩身の狭い限りです。
帰りたくなってきました・・・

でも、まぁ、ここまで来たんですからね・・・

 

 

これが、フラートンホテルの正面入口前です。

ハンパない!

エントランスも豪華すぎです。

ロゴもホテル自体をシンボルマークにしていて、自信満々といった感じ。
でも、すごいカッコイイ。
内部はどうなっているんでしょうか・・・

 

すげぇ・・・

柱太すぎだぜ・・・

中央が吹き抜けすぎだぜ・・・

カフェでお茶している人がなんだか貴族に見えて来たよ。

とんでもないところに来てしまった。

 

ビクビクしながらもなんとかチェックイン完了。
お部屋に向かいます。

 

部屋はどうなっているんでしょうか・・・

緊張の一瞬です・・・
ガチャリ

 

 

 

 

 

 

ん?

 

 

 

 

 

あれ?

 

 

 

 

 

 

ふつーだな・・・

 

 

 

 

写真には写っていないですが、窓が小さいので閉塞感もあります。

いや、決してダメじゃないんです。

白が基調になっていて落ち着いた感じですし、随所に豪華さは見られるんです。

ただ、外観、エントランスなどを見て来て、この部屋と来ているので・・・

ちょっとがっかり感があったわけです。

 

まぁ、ぶっちゃけ部屋自体は金額に見合っていない気もしました。

とはいえ、全体的にはもちろん素晴らしいホテルなんです。

サービスも設備も申し分ないんですよ。

たまたま私の宿泊した部屋がイマイチだったのかもしれません。

 

まぁ、気をとりなおして、フラトンの素晴らしい魅力を全力で紹介していきます。

フラトンの魅力、それは夜です。

このホテルは夜ライトアップされ、それはそれは美しく輝くのです!

きっとタクシーなどから見た事もある人がいると思います。

その超豪華なライトアップされたホテルを間近で見る事ができるんです!

素晴らしい!

 

夜になるのを待ち、外に出てホテルを眺めます。

 

 

 

 

 

 

ン?

 

 

 

 

 

あれ?

 

 

 

 

 

 

真っ暗じゃん・・・

 

 

 

ぜんぜんライトアップされてないじゃん・・・

 

 

前にはライトアップされているのを遠くから見た事があるので、間違いないはずなんですけど・・・

 

 

ホテルの裏側に回ってみましょう。

もしかしたら、正面ではなく裏手がライトアップされているのかもしれません!

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・。

 

 

シンガポールリバーにかかっている橋は青く奇麗にライトアップされているのですが、フラトンは真っ暗です・・・

いったいどういうことなんだろう・・・

結局、宿泊中にフラトンのライトアップされた姿を拝む事はできませんでした・・・

 

期待させておいて、ふざけんな?

何も参考にならねーじゃねーか?

はい、お怒りの方もいらっしゃいますよね。

ですが、ご安心ください。

ある筋より、しっかりフラトンのライトアップされた勇士を入手していますから。

 

それではどうぞ!

 

 

 

 

 

 

 

 

おぉーーーーー!!!!

美しすぎますね。

これですよ、これ!

なんとも幻想的ではないですか!

こんなホテルに泊まっているというだけでテンションが上がってしまいますよね。

いやぁ、フラートンの素晴らしさを感じていただけたでしょうか?

部屋で少しがっかりしたかもしれないですが、これを見ればそんな気持ちも吹き飛びますよね!

あ、ちなみにいつライトアップされるかは私には分かりません・・・
気になる人はホテルにお問合せしてみてくださいね。

 

さぁ、最後にフラトンの素晴らしい朝食をご紹介しましょう!
定番のビュッフェスタイルではございましたが、そのバラエティ豊かな料理、味に大満足でございましたよ。


 

エッグステーションはよく見ますが、ヌードルステーションは初めて見ました。
ここではお好みの麺料理を作ってくれます。

そして、このジャムがウマすぎました!

 

サラダやフルーツも充実しています。

 

そして、ヨーグルト、さらにその横にはなんとヤクルトが!

しかもいろんなフレーバーがある!

なんて充実した朝食を提供してくれるんだろう。

すばらしい、素晴らしすぎるぞ、フラートン。

こんな素晴らしい朝食は是非、シンガポールリバー横のテラス席でお召し上がりください。

1日のスタートにふさわしい最高の朝食になると思いますよ!

 

と、いうことで、フラートンホテルのご紹介、いかがだったでしょうか?

さすが名門といったところでしたね。

きっと素晴らしい時間を過ごす事ができると思いますよ!

 

 

 

 

 

 

っと、最後に・・・

シンガポールのヤクルトって・・・

 

 

 

益多・・・

 

ますだ・・・っていうんですかね・・・

 

 

 

 

おしまい。

ブログランキングに参加中です!応援お願いいたします! ↓別窓で開きます。
にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ

Sponsor Link  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です