シンガポール旅行記12 シンガポールフライヤーに乗る!


Sponsor Link  

ブログランキングに参加中です!応援お願いいたします! ↓別窓で開きます。
にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ

記事投稿者:徳永

ファイブスターチキンライスを食し、
四天王最後のチャターボックスを目の前にしつつも、
お腹いっぱいでどうしても食が進まない私は、一旦ペンディングすることに。。

そして、お腹を空く間どうしようかと考えます。


Sponsor Link  

何をするか…。
観光っつてもなー。
歩くのもちょっとしんどいしなー。
動かずに時間を稼ぐには?

と考えた結果…、

あるじゃないですか!
今の自分に打ってつけの観光スポットが!!

シンガポールにいれば絶対目に入ってくる憎いヤツ…
丸くて巨大な…、

そう!
シンガポールのもう一つのランドマーク、シンガポールフライヤー、

いや…、

Singapore Flyerが!!

よし、お腹が空くまでの間、
シンガポールフライヤーにいこう!!
確か1周するのに30分くらいかかるし!

…ということで、
さっそくシンガポールフライヤーへ向かいます!


現地に到着し、上を見上げると…

デケェ!!!

完成当初は世界一だったそうで、その高さは165m!
真下で見るとやっぱデケェです。


チケット売り場でチケットを買います。
チケット売り場はこんな感じ。
結構空いてました!


ちなみにこれがチケットです!
1人29.50 SGD!
日本円で約1800円くらいですね!

遠くから見てる分には分かりませんでしたが、
近くに来るとゴンドラの1個1個がものすごくデカい!!
普通、観覧車って言うと基本2人乗りで、乗れてもせいぜい4~5人程度ですが、
これ1つに何人乗れるんだ!?ってくらいデカいです!

見た感じ、20人くらいは余裕で乗れる感じがします。
(調べたところ28人も乗れるそうです。そして、ゴンドラの数も全部で28個だそうです。)

そしてついにゴンドラの中へ!!
ちなみに、ゴンドラゴンドラと言ってますが、シンガポールフライヤーではゴンドラをカプセルと言うそうな。

どんどん上に上がっていきますねー。

実は、シンガポールフライヤーに乗り込む前に、
携帯式のガイドが流れる機械を貸してくれます。
各種言語が選べ、勿論日本語もあります。
これでどこに何があるかを聞きながら、
シンガポールフライヤーを楽しむ訳なんですね。

このあたりが最高到達点で、
向こう側に見える島が、インドネシアです!
ジャカルタとバリ島で有名なあのインドネシアが遠くから見えるんです!
観覧車から隣国が見えるなんて日本では味わえません!
これにはかなり感動しました!

マリーナベイサンズも真横に来るほど高いです!

下を見ると2012年に開催予定のF1のコースも着々と工事が進んでいました!
(最初からチラチラと見えていましたが。。)
シンガポール名物である市街地レースは2011年で最後らしいです。
夜景が綺麗な夜の街をフオーーーン!と滑走するシンガポールならではのコースがとても良かったのですが、
来年からは普通のコースになってしまうんですよね。。ちょっと残念ですね。

でも、ここからコースが見えるってことは、
開催中はここからF1観戦も楽しめるってことですよね!
シンガポールフライヤーからのF1観戦…なかなか乙じゃないですか!

やがて30分が経ち、シンガポールの空中散歩もそろそろ終わりの時間です。
乗る前は30分てちょっと長いなーと思っていたんですけど、乗ってみるとあっと言う間でした。

こういうのって写真じゃなかなか伝わりませんが、
乗ってみると本当に景色が綺麗で感動しますよ!
きっと夜ならもっと綺麗だったんだろうな。。

もしシンガポールに来たらシンガポールフライヤーに乗ることをお勧めしますね!
カップルなら間違いなく夜がオススメです!!
夕暮れ時なんかも良いかもしれません!

ちなみにシンガポールフライヤーのディザインは
黒川紀章建築都市設計事務所が行ったそうです!
日本人なら一度は乗らないと!ですよ!

<つづく>

記事投稿者:徳永

※注
・この旅行記は過去に遡って書いているものです。
リアル感を出すため、あたかも現在進行形風に書いていることを予めご了承下さい。。

ブログランキングに参加中です!応援お願いいたします! ↓別窓で開きます。
にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ

Sponsor Link  

「シンガポール旅行記12 シンガポールフライヤーに乗る!」への5件のフィードバック

  1. To:管理人様
    コメント恐縮でございます!
    寛大なコメント誠にありがとうございます!
    一応、今回は直させて頂きました。。
    次回からは直しません(笑)
    でも、間違えないよう細心の注意を払って書いて参ります!
    これからも宜しくお願い致します!
    ご指摘を下さったJUNさん共々ありがとうございましたm(_ _)m

  2. はは、マレーシアじゃないけど、その辺が徳永さんらしくて、面白いからいいんじゃないでしょうかw
    直しちゃったんですね。
    むしろ直さないほうが面白かったのにw

  3. To:JUNさん
    ご指摘ありがとうございます!!
    実は私自身もマレーシアかインドネシアで迷った挙句のマレーシアでした。早速修正させて頂きました!これからも私の文章で何か不備があればご指摘宜しくお願いします!
    それと、シンガポールフライヤーのカプセル内は快適でしたね!揺れることもなく、高いところにいるって以外は恐怖を感じることはありませんでしたね。
    ところでなぜシンガポールでは『experience』の単語が多いのでしょうか?
    理由をご存知なら教えて頂けませんでしょうか?

    To:rarafanさん
    上司の方々帰国されたんですね!
    あまり楽しめなかったのはrarafanさんとしては実はちょっと嬉しかったのでは?(笑)
    シンガポールに行かれた際は、是非シンガポールフライヤーに乗ってみて下さい!
    なんでも、2周する60分のコースで食事が出来るプランもあるみたいですよ?ご参考までに!

  4. それ…それです♪乗りたい観覧車!!!!もっとシンガポールNOWお願いします(^0^)/
    上司方々が帰国しました!なんだか不機嫌なのはなぜかしらと聞くと…業務で行かされた感が強くあまり楽しめなかったみたいで…
    お土産はILOVESGのボールペンだけでした(;_;)カナシイ………

  5. 観覧車とはちょっと違うものですよね(=^▽^=)
    エアコンも付いてるし、まったく恐怖感はないですね
    シンガポールではよくexperienceって単語を目にしますが、このチケットにも書かれていますね(=^▽^=)

    あと、そっち方面はマレーシアではなくインドネシアでは・・・?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です