ペナン島ジョージタウン その1


Sponsor Link  

ブログランキングに参加中です!応援お願いいたします! ↓別窓で開きます。
にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ

さて、マレーシアのペナン島に上陸したわけですが、水上生活者の町 >> 寝釈迦物寺院(ワット チャヤマンカララーム) >> バティック工場 >> トライショーでジョージタウンめぐり >> クーコンシーとペナンノン観光名所を様々周ってゆきます。


Sponsor Link  

ところで、最近は日本人が移住したい外国ということでオーズトラリアを抜いて、こちらのペナン島が第一位なんだそうです。

物価も安いし、団塊の世代の定年退職された方が多く引っ越しているそうです。また、リタイアメントビザみたいなのがあって、長期滞在可能なビザの取得も容易なんだとか。

さて、ペナン島まずは、水上生活してる人の村です。名前は忘れましたが、港のすぐそばにあります。

↑こちらが、それなんですが、一見ここは水の上なのかな?という感じです。みんなおっきな家をたてて、まったり暮らしてます。

しばらく行くと海が見えます。たぶん漁師なんかだと海辺に暮らすのがちょうど良いんですかね。

ふむ、なるほど。という感じです。異国に来たという感じです。

そんな感じで、かるーく水上生活の人の町をみたら、寝釈迦物寺院(ワット チャヤマンカララーム)にむかいます。なんでもこちらは、33メートルの寝釈迦物があることで有名なんだとか。世界第3位の大きさなんだそうです。

バスで移動する途中、やたらと廃墟が多かったです。なんでだろう?世界遺産だから勝手に撤去できないのかな?

そして、近代的な建物もありまして、デパートかなんかですかね?

こういったものもあるので、日本人が老後に住むのに不便もないのかもしれないですね。

ちなみに、ペナンはマレーシア第二の都市なんだそうです。JBよりも大きな町なんですね。

と、そうこうしているうちに、寝釈迦物寺院(ワット チャヤマンカララーム)に到着。

周りは、観光客でいっぱいでした。

ここで、わが子たちは、『バスからおりたくなーい』と、言いでしました。

まあ、しょうがないですよ。寺なんか見ても子供は楽しくないですよね。暑いし。

そんなわけで、1人寝釈迦物となりました。

↑なんだか、タイスタイルの仏教寺院のようです。

↑本堂には大きな仏陀が寝てらっしゃいました。

↑裏に回ると、遺影つきで遺骨が納められています。

ここは寝釈迦物のちょうど下に当たりますが、全体が墓地のような感じなんでしょうか。

と、そんなわけで、次はバティック工場を見学に行きます。

なんか、観光バスツアーなんて参加したのは小学校ぶりですが、なんか、楽チンで良いですね。特に子供が小さいので、いろいろ回るならこういったのも悪くないっす。

ちなみにバティックとはマレーシアの布です。たぶん。

↑こんな感じのきれいな布です。

と、すぐに工場に到着。

ここで、今度は下の子が『バスから降りたくない』とおっしゃいはじめました。私は『気合入れていくぞ!』っていったら、いやいや参加してくれました。

ていうか、手書きなんだね。

すげー

さっきまで泣いてた下の子も、じーーっと見入っていました。

ちなみに、観光地にはよくあるシステムですが、この隣にお土産やサンもあって、これで作った洋服なんかを購入することができます。年配の方はかっている人もいらっしゃいました。

さあ、どんどん行きます。

ちなみに、たった4時間のコースでいろーんなところを回ります。この後、ホテルでお茶をご馳走になり、本日の目玉トライショーでジョージタウン見学です。

ていうか4時間で、すっげぇたくさん見ますので、かなりあわただしいです。

と、現地に着くと、運転手はみんなまった~~りしてました。

皆さん結構年ですが、足腰しっかりしてました。

インド人がいや中国人街をまわります。

なんか、ぶっちゃけカトン地区みたいなかんじです。昔のシンガポールもこんな感じだったんでしょうかね。

なんか、ふるーい感じがよかったですよ

↑観音寺(Kuan Ying Teng)

↑セントジョージ教会(St. George’s Church)

んで、結構周ったのでこれで終わりかな?と思ったら、

まだ、クーコンシーというお寺に行くそうです。

正直疲れてましたが、クーコンシーは見てよかったですね。かなーり、立派なお寺でした。

ジョージたうん後半に続く・・・

ブログランキングに参加中です!応援お願いいたします! ↓別窓で開きます。
にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ

Sponsor Link  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です