海外居住者の年金・健康保険


Sponsor Link  

ブログランキングに参加中です!応援お願いいたします! ↓別窓で開きます。
にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ

海外移住する際に、気になることのひとつが、年金や、健康保険の社会保険です。

国民年金・厚生年金・厚生年金基金・健康保険には、加入できるのか、その手続きはどうなっているのでしょうか?

日本に住所を残すのか、日本から住所を海外に移すのかによって異なります。


Sponsor Link  

※正確な情報や、最新の情報は日本国の各省庁にお問い合わせいただくことをおすすめいたします。

※所得税については別途取り上げておりますので、そちらをご覧ください。

税法上の、

居住者:一時的に海外にいるだけ。(住民票は日本においている方

非居住者:1年以上の予定で海外に住む方(住民票は日本になく、海外においている

※参考
居住者(所得税法2(1)三)

居住者とは日本国内に住所を有し、又は現在まで引続いて1年以上居所を有する個人で、所得税および住民税の納税義務者になります。1年以上海外に居住することを予定する方は、非居住者となる可能性が大きいです。

非居住者(所得税法2(1)五、7(1)三)

非居住者とは、居住者以外の個人をいいます。具体的には、海外に1年以上住む予定の者が該当し、日本の国内源泉所得のみが課税対象となります。また、所得税のみが対象とされます

>>>詳しくは、所得税のページで。

年金・健康保険などの場合
日本に住民票があるかどうか、(海外転居届を出しているかどうか)によって異なってきます。

日本の居住者か非居住者かによって、税金・社会保険等の扱いが異なってきます。

海外転居届けを出し、日本から住民票を抜いた場合は、非居住扱いになります。(短期でもこれは非居住にできますが、メリットはないです。むしろ、税金の関係で、非居住とする方は、海外転居届けだけではなく、実際の居住形態で判断されます)

A:厚生年金
①日本企業に勤務していて、海外に駐在している方。
>>>>>厚生年金に加入でき、雇用保険なども継続される。

B:国民年金
②日本に住民票がある方
>>>>>加入義務があるので、必ず支払う

③日本に住民票がない方(海外転居届けを出した
>>>>>任意加入となります。

C:健康保険
④日本に住民票がある方
>>>>>加入が可能です
※任意加入される場合、日本に『協力者』を定める必要があり、その方宛に各種書類が届きます。

⑤日本に住民票がない方(海外転居届けを出した
>>>>>加入できません

以上のような違いがあります。

加入者で、海外で治療を受けた場合、日本の市役所・区役所等へ所定の用紙を提出し、日本国内で7割の金額を還付できるようです。ですので、海外での治療時は全額負担することになります。また、領収書もしっかりと保管しておきましょう。

ちなみに私は、1年以上の海外居住予定ですし、日本企業にも勤務していませんので、国民年金は任意加入・健康保険は加入できないということになります。

この場合、困ることが、健康保険です。
シンガポールでは、日本の健康保険に該当するものがなく、医療費が割高となります。シンガポールは自由診療制で安い病院や、高い病院があり、利用者もそれを選択でます。日本では診療報酬は法律で決まっていますよね。日本人向けのラッフルズホスピタルなどは、割高です。

健康保険などに代わるものとして、民間の保険会社の保険があります。AIU保険会社の海外向けの保険などを参考に。(家族4人で、年間100万円程度だったと思います。歯科治療などに使えなかったり、さまざまなコースがあります)

また、国民年金ですが、任意加入です。加入されても、されなくてもOKです。

ちなみに私は、このほど任意加入を取りやめました。

以下雑談ですので、独り言です。

先日、国民年金の1年間の一括払いを行いました。

ところが。。。。

納付用紙の期限が切れていたとの理由で、一回返金して、もう一度支払ってください。との連絡が。(海外にいたら、そんなにすぐに処理できませんよ)

は?は?・・・

なんで、わざわざ一度返金して、もう一度支払うの?

私は、『以降の期間に充当していただけませんか?』と聞くと、『できません。法律で決まっています』の一点張り。どうしてそんなおかしな法律があるのか、立法趣旨を尋ねましたが、『わかりません。法律で決まっています。』のみ。そこそこの年齢の、男性職員なのに・・・

返金の処理(私・銀行・社会保険事務所そのた)にもお金がかかるはず。郵送や、人件費だけでも、かなりの無駄です。私は、それに納得がいかず、国民年金の任意加入を取りやめました。

国民年金などは、もらえるかどうかも、本当に怪しくなってきた今日ですが、今の老世代のために最低限の貢献と思って加入いたしておりましたので、なんだか、馬鹿らしくなったのです。(ちなみに私は老後の年金は、民間の企業で別途運営しております、私と同じような方は、そちらのほうがよろしいかと思います)

また、これは有名な話ですが、社会保険事務所の対応は本当にひどいです。一般企業では考えられないような、横暴な対応です。日本で、年金問題が取り上げられて以降も、何も根本的な体質は代わっていないようです。枡添さんしっかりしてください。※社会保険事務所に対して、税務署の対応はどこもすばらしいですよ。脱税をすれば恐ろしい税務署ですが、本当に対応は親切丁寧です。

海外にいると、日本の将来が特に不安になります。

ブログランキングに参加中です!応援お願いいたします! ↓別窓で開きます。
にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ

Sponsor Link  

「海外居住者の年金・健康保険」への8件のフィードバック

  1. 管理人さんへ
    有難うございます。
    うちのコンドミニアムは日本人を見かけません。白人とシンガポリアンばかりで!でもとりあえず知り合い作りから頑張ります。これからも管理人さんのブログは情報満載でいつも参考にさせてもらってます。これからも素敵なブログ楽しみに拝見させて頂きます。お忙しいのにコメント有難うございました。

  2. 管理人さんへ

    本当に親切はご返信有難うございます。
    住まいはボタニックガーデンMRTの近くですが、一番近い病院でGleneagles hospitalになります。そこにはかなりの数のクリニックも入っていてもうどこがいいのやら。。。
    この辺の病院・クリニックはご存じないですよね。トムソンメディカルセンターも検討中です。

    日本みたいに簡単なシステムにして欲しいものですね。
    保険は結局AVIVAのしました!ちょっと割高なんですが手当もよいようなので。(主人が会社で決めてきました)

    1. 新米ママさん
      コメントありがとうございました。

      そのあたりは基本的にはお金を持っている人が多そうですので、クリニックも高そうですね。
      お気に入りのクリニックを見つけられれば良いですね。

      私はそのあたりに詳しくないのですが、必ずご近所づきあいができると思いますので、そのあたりから情報を得るのが良いと思います。
      お住まいがコンドミニアムでしたら、同年代のお子さんがいらっしゃる方と仲良くなるのは早いですよね。

      あまり、参考にならず申し訳ございませんが、楽しいシンガポール生活を送ってください^^

  3. 管理人様

    記事拝見させて頂きました。
    とても参考になりました有難うございます。

    今月よりシンガポールに引っ越してきた生後1カ月半の息子をもつ新米母で、外資系に勤める主人の会社の医療保険は主人のみの補助で家族は個人的にと言われどうしようかと思っていました。
    またその会社が契約している保険会社の保険料金が高くて・・・。
    管理人さんはプルデンシャル医療保険なんですね。問い合わせてみます!息子のための小児科もできれば医療費があまり割高でない町のお医者様にかかりたいと思っているのですが、管理人さんのお子様はちなみにどちらの病院をご利用ですか?
    管理人さんが普段ご使用の町のクリニックというのはローカルのクリニックですか?
    因みに私立のクリニックとローカルの町のクリニックはどのように見分けたらいいのですか?
    質問ばかりで申し訳ありません。
    右も左もわからないので、とりあえず息子の病院だけでも見つけておきたいのですが。。。なかなか難しくて。
    アドバイス頂けたら幸いです。

    1. 新米ママさん
      コメントありがとうございます。
      プルデンシャルのプルシールドという保険で、こちらは万が一のための入院手術等の保険になります。
      ですので、風邪などはカバーされませんが、入院がかなり割高になりますので、入っておいたほうが良いと思います。

      お子さんの病院ですと、KKホスピタルというところが大きな病院になります。
      まずは近所のクリニックにかかり、場合によってはKKに行くという感じですが、我が家では娘の引付以外でKKに行ったことはありません。
      ですので、ほとんどが近所のクリニックで事足りています。

      なお、ローカルのHDB(公団住宅的な存在)にはポリクリニックというのがありまして、こちらは公営のクリニックになります。
      しかし、価格が非常に安い反面待ち時間も半端ではないということです。
      ポリクリニックと書かれているのでわかると思います。

      その次は私も使っている近所のお医者さんです。
      こちらも私立ですが、エクスパット相手ではないので、割安となります。

      こういったところがお住まいの近くにあるのではないかなと思います。

      なお、現地のお医者さんでも高いところは高いです。

      それは、スペシャリストかそうでないかで見分けられると思います。スペシャリストは割高です。(入っているビルなどによっても何となく見分けはつくと思います)

      ちなみに日系の有名なクリニックはオーチャード、パラゴン内のジャパングリーンクリニック、もう一つは、ノビーナにある、日本プレミアムクリニックなどが有名だと思います。もちろん価格も日本人向けとなります。

      お住まいの地域が近所でしたら、私のかかっているところもご紹介できますが、お住まいはどのあたりをご予定でしょうか。

      以上参考になれば幸いです。

      また何かありましたらお気軽にコメントくださいませ。

  4. 管理人様
    初めまして。どうぞ宜しくお願い致します。
    今年の7月より1年ほどシンガポールで生活する予定の者です。
    私には持病があり、海外医療保険は既往症に対しては保険が利かない為、加入できません。
    シンガポールは医療費が高く、帰国後に「海外療養費制度」に申請しても返金される額は微々たるものと聞いています。
    大変な額の借金を負うことにもなりかねると考えると非常に不安です。
    私のように持病を抱えながらシンガポールで生活されている方はどうしているのか、日本人の会などにメールにてご相談しましたが、ご返答いただけない状況です。

    ネット上で、シンガポールの医療保険制度を調たり、「実際の声」をお聞きしたいと検索しましたが、なかなか情報に出合えません。

    管理人様、何かご存知でしたら教えていただけますと大変有難いです。
    宜しくお願い致します。

    1. コメントありがとうございます。
      さて、医療費ですが、日本に比べると高いのはご存知の通りです。
      特に日系の病院はかなり高いです。風邪でも150ドル程度かかったこともあります。しかし風邪程度でしたら、ローカルの医院で十分だと思います。その場合は、~50ドル程度です。
      私はかかりつけ医はローカルの町医者です。
      薬は日本の最新のものではないと思いますが、十分です。
      また、以前子供が引付を起こして、救急車で搬送され、2泊入院したことがあります。
      その際はシンガポールの小児病院で立派な病院でした。費用は2泊で1500ドルくらいかかったと記憶しています。
      これを機会に現地でプルデンシャルの医療保険に加入しました。
      持病があるとのことですが、それは、緊急の手術などを要するものでしょうか。
      そうでなければ、そんなにバカみたいな医療費にはならないと思います。なぜなら、シンガポール人もほぼ同じ条件で医療を受けているからです。
      一番安い病院は『ポリクリニック』と言うもので、多分公立の病院で、費用は一番安いそうです。待ち時間が非常に長いということで私は行ったことがありませんが、最悪そういうところでも薬は手に入ると思います。
      一番怖いのは事故や、突然の病気で長期の入院、手術などが必要になった場合です。
      こういった場合には、知人のさらに知人は数万ドルの費用がかかったとのことです。
      シンガポールでは日本の健康保険のようなものがありませんので、いまだに借金として負債を抱えているそうです。
      時間が取れるのであれば、日本での手術、入院が良いでしょう。
      しかし、交通事故はそうもいきませんので、その部分だけでも保険に加入する方が良いと思います。
      補足ですが、シンガポールの医療費は自由診療で病院によって医療費が異なりますので、安いところも探せばたくさんあります。
      また、シンガポールの平均寿命は日本と比べてもさほど変わりありません。そう考えると、国民健康保険のようなものはありませんが、皆さん良い医療を受けていることだと思います。
      以上参考になれば幸いです。
      回答に、不足や追加の質問があればご連絡下さい。
      分かる範囲で回答いたします。
      失礼いたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です