チップは必要?不要?


Sponsor Link  

ブログランキングに参加中です!応援お願いいたします! ↓別窓で開きます。
にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ

海外旅行に来て、気になることのひとつが、チップは必要なの?どのくらい渡せばいいの?

というのがあります。アメリカなどに行くと、10%~20%を渡すのが普通ですが、シンガポールはどうなっているのでしょうか?

 

結論から言うと、、、


Sponsor Link  

基本的にはチップは不要

です。シンガポール観光局WEBサイトにも、チップの習慣はないと書いてあります。
ただし、ホテルや、空港タクシーは場合によって。普通のタクシーでもサービスによって渡したり、渡さなかったりします。

日本人観光客が宿泊するようなホテルでは、渡したほうがよいでしょう。

荷物を運んでくれたら::2~3ドル

ベッドメイキングに2~10ドル

位でしょうか。まあ、気持ちです。

ホテルのレストランですが、しっかりとサービス料10%を請求してきますので、チップは不要です。

レストランや、簡単な飲食店でも、サービス料10%を請求してきますので、基本的には、不要です。海外からの出稼ぎの店員の方もいるので、小銭などを置いてもいいとは思います。いずれにせよ、気持ちが大事ではないでしょうか。

このサイトでも紹介した、ゲイランのノーサインボードでは、サービス料が含まれていませんでした。しかしながら、店員の方は懇切丁寧な対応をしてくれたので、チップを渡しました。でも、感じから言うと、通常はもらっていないと思います。(アメリカのように、クレクレ視線も、立って待ってることもしませんでしたので。)

 タクシー

こちらもやはり、不要です。でも、私は場合によって、2~5ドル程度渡しています(小銭はかさばりますので)、英語圏にもかかわらず、『ベリーサンキュー』といわれたことがあります・・・・シングリッシュ恐るべしです・・・

余談ですが、、観光客などだと、平気で道を遠回りする運転手もいます。本当に多いんですよ。日本人は面倒なので、あまりクレームを言わない人が多いからでしょうか。

タクシードライバーはほんとに感じの悪い人が多いです。基本はチップ不要です。

 

 

以上シンガポールのチップ事情でした。基本的には渡さなくてもOKです。日本よりはチップの文化が浸透していますが、基本的には必要ないんですね。

ブログランキングに参加中です!応援お願いいたします! ↓別窓で開きます。
にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ

Sponsor Link  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です