チップは必要?不要?

この記事は シンガポール基本情報のカテゴリに分類されています。

読む前に、ブログランキングを クリックしてね。。。。↓別窓で開きます。
にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ
※写真がある場合はクリックで拡大可能です
この場所、記事の評価:
(1 votes, average: 2.00 out of 5)
Loading...

Sponsor Link  

海外旅行に来て、気になることのひとつが、チップは必要なの?どのくらい渡せばいいの?

というのがあります。アメリカなどに行くと、10%~20%を渡すのが普通ですが、シンガポールはどうなっているのでしょうか?

 

結論から言うと、、、

基本的にはチップは不要

です。シンガポール観光局WEBサイトにも、チップの習慣はないと書いてあります。
ただし、ホテルや、空港タクシーは場合によって。普通のタクシーでもサービスによって渡したり、渡さなかったりします。


Sponsor Link  

日本人観光客が宿泊するようなホテルでは、渡したほうがよいでしょう。

荷物を運んでくれたら::2~3ドル

ベッドメイキングに2~10ドル

位でしょうか。まあ、気持ちです。

ホテルのレストランですが、しっかりとサービス料10%を請求してきますので、チップは不要です。

レストランや、簡単な飲食店でも、サービス料10%を請求してきますので、基本的には、不要です。海外からの出稼ぎの店員の方もいるので、小銭などを置いてもいいとは思います。いずれにせよ、気持ちが大事ではないでしょうか。

このサイトでも紹介した、ゲイランのノーサインボードでは、サービス料が含まれていませんでした。しかしながら、店員の方は懇切丁寧な対応をしてくれたので、チップを渡しました。でも、感じから言うと、通常はもらっていないと思います。(アメリカのように、クレクレ視線も、立って待ってることもしませんでしたので。)

 タクシー

こちらもやはり、不要です。でも、私は場合によって、2~5ドル程度渡しています(小銭はかさばりますので)、英語圏にもかかわらず、『ベリーサンキュー』といわれたことがあります・・・・シングリッシュ恐るべしです・・・

余談ですが、、観光客などだと、平気で道を遠回りする運転手もいます。本当に多いんですよ。日本人は面倒なので、あまりクレームを言わない人が多いからでしょうか。

タクシードライバーはほんとに感じの悪い人が多いです。基本はチップ不要です。

 

 

以上シンガポールのチップ事情でした。基本的には渡さなくてもOKです。日本よりはチップの文化が浸透していますが、基本的には必要ないんですね。


Sponsor Link  




この場所、記事の評価:
(1 votes, average: 2.00 out of 5)
Loading...

読んでくれてありがとう!ブログランキング参加中です。。。。↓別窓で開きます。
クリックして応援いただけるとありがたいです!
シンガポール関連情報のブログが多数ありますので、こちらも参考になりますよ!
にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ



前の記事に戻る«
次の記事に進む  »


この記事と関係していそうな記事

コメントはまだありません »

No comments yet.

Leave a comment


この記事と同じカテゴリーの記事

  1. チャンギ空港の人気の高さの理由
  2. シンガポールの物価
  3. その他の基本情報。電圧、衛生面などなど
  4. シンガポールの交通事情
  5. レストラン・ホーカーの衛生事情
  6. シンガポールという名前の起源と近代国家としてのシンガポールの誕生
  7. シンガポールのナショナルデー(独立記念日)
  8. シンガポールの治安・犯罪について
  9. チップは必要?不要?
  10. シンガポールのお金事情・クレジットカード事情
  11. 入国時の税関申告について
  12. シンガポールと日本の時差
  13. シンガポールへの行き方
  14. シンガポールの位置・地図
  15. シンガポールの気候
  16. シンガポールの食 ① シーフード
TOPPAGE  TOP 

サイト内検索

メニュー