カンボジアへ行って来た~その1


Sponsor Link  

ブログランキングに参加中です!応援お願いいたします! ↓別窓で開きます。
にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ

シンガポールは当然ながら、東南アジアにあります。

非常に発展した国で、東南アジアにいることを忘れてしまいそうになります。しかし、近隣諸国にはまだ、貧困で困っている人たちも多くいます。

カンボジアでは幼い少女が売春目的などで売られてゆきます。親がそのこたちを売るのだそうです。親がひどいとかではなくて、それだけ、貧困が激しく、国も不安定であるということだと思います。


Sponsor Link  

と、そんな話を、カンボジア人の友達に聞かされて、いろいろ考えてみました。そして、友人に『何かできることはないか?』と聞いたところ、『一度カンボジアへ来て、見てみると良い』といわれました。

そこで、今回の旅行を決めました。

僕のような人間でも何か、できる範囲で、できれば良いなあと思い、カンボジアへ行ってみることに。

.

カンボジア、プノンペンへはシンガポールから飛行機で2時間程度です。シルクエアなどが就航していて、アクセスは非常に良いですよ。

カンボジア観光というと、シムリアップ(アンコールワット)が人気で、プノンペンへ旅行する人は比較的少ないようです。

私もアンコールワットに行ったことがないので、機会があればいってみたいと思います。

入国には3枚の書類が必要です。(飛行機でもらえました)

また、ビザが必要なので、パスポートサイズの写真を持参することをお忘れなく。観光ビザで25ドルくらいだったと思います。

飛行機に乗って2時間はすぐですね。カンボジアの上空です。

プノンペン国際空港は非常にきれいです。国の玄関として、また、急発展しているカンボジアを象徴しているという感じでしょうか。

空港で友人が迎えに来てくれていたので、車でプノンペン市外へ向かいます。空港からは30分程度で行くことができます。なお、このとき車をチャーターしてもらったのですが、1日運転手つきで25ドル程度です。いろいろと移動するのであれば公共交通機関がありませんので、自動車のチャーターは必要でしょう。

ただし、市内観光のみでしたら、トゥクトゥクも非常にたくさん走っていましたので、それでOKだと思います。

今回は『ラッフルズ・ル・ロイヤル』を予約しました。シンガポールのラッフルズホテルは非常に高価ですが、こちらは2名ツイン、朝食付きで200USD程度です。

とはいっても、プノンペンの月給程度の値段ですから、非常に高価なホテルといえます。

また、プノンペン中心地にも非常に近く、ビジネス用にも非常に良いホテルではないでしょうか。

この日は友人たちと夕食を食べながら、明日以降の予定を決めて就寝しました。

明日は、車で1時間半ほど行った、韓国のボランティアが支援しているエリアや市場などを見に行く予定です。

ブログランキングに参加中です!応援お願いいたします! ↓別窓で開きます。
にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ

Sponsor Link  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です