シンガポールの物価


Sponsor Link  

ブログランキングに参加中です!応援お願いいたします! ↓別窓で開きます。
にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ

シンガポールの物価ってどうなんでしょう?

よく友達には『東南アジアだから安いんでしょ?』とか言われます。

ただし、シンガポールはお金持ちの多い国。多くのシンガポーリアンは共働きでどんどん稼ぎます。

その結果20年ほど前に比べると10倍以上になったものもあるのだとか。

現在では、日本とほとんど変わらないか、日本より高いものもあります。


Sponsor Link  

ただし、タクシーやホーカと言う屋台はかなり安め。そんなシンガポールの物価情報です。

観光に来たら必ず行くであろうレストラン。このレストランですが、基本的には日本で同じものを食べようと思うとちょっと高くつきます。

ファミレス的なレストランでさえサービス料10%を取られます。そしてGSTと言う消費税が7%。

そのため、メニューの価格よりも請求価格は17%増しですので、覚えておきましょう。

ただし、日本より安いと感じるのが『』と『シーフード料理』です。

中華料理は結構安いですよ。日本で一人1万円くらいのコースが6千円~程度でいただけます。味も結構良いところが多いですね。詳しくは中華料理のページをご覧ください。

また、シーフード料理もロブスターを頼まなければ安いです。名物のチリクラブ、ペッパークラブなども安いです。なお、ロブスターは日本で言うロブスターとは異なり、何度か頼みましたがあまり美味しくないですので、オススメしません。

こちらのシーフードも一人5000円程度~楽しめます。

ご参考までに。

ホーカーとは屋台のこと。庶民の台所的な場所です。

各地にホーカーセンターと言うのがあります。(当サイトでも紹介中

そこでは、様々なお料理が楽しめます。大体2シンガポールドルと言う超破格の値段で楽しむことが可能です。

これは日本ではありえない価格ですね。

>>ホーカーのタグがついている投稿

交通機関

交通機関はどれも安いです。特にタクシーは安いので便利。

バスも1ドル、MRTという電車もとても安いです。

自家用車を増やしたくないシンガポール政府は公共交通機関を安くしているんですね。

タクシーの料金はこちら

ホテルは東京と比べて大体同じくらいです。200シンガポールドル~と言った感じでしょうか。

人気老舗ホテルのラッフルズホテルは1000ドル程度です。

スーパー

スーパーマーケットは日本と同等のものをそろえようと思うとかなり高くなります。1.3倍程度~といった感じでしょう。

すべてが輸入なので全体的に高めです。

また、日用雑貨もデフレと言われる日本と比べ高くて品物が悪いと言う印象です。

電化製品

やはり、電化製品は日本が安いですね。また、壊れやすく性能が悪いものが多いです。

ブランド品

ブランド品は安いといわれます。GSTと言う7%の消費税が、観光客の場合返金されます。

知人の話では、円高の影響もあるのでしょうが、日本では50万円程度の時計が、こちらでは35万円程度で手に入ったとのことでした。

タバコ

10シンガポールドル程度ですので、日本円で700円程度。高め。

ビール

350ミリ缶が2.6ドル程度。日本とあまり変わらないでしょうか。

 

余談ですが、なんでもシンガポールの一人当たりGDPは日本をすでに抜いています。

見ていると、この国は本当に不景気なのかな~と感じます。みんな、バンバンお金使いますね。

あとは富裕層の層が厚いようです。すんごい金持ちがたくさんいます。

感じるのは政府が有能だと言うこと。国としては日本が大好きですが、政府となると微妙です。

20年後シンガポールの物価が高すぎて観光に行けないなんて事もあるかもしれません。。日本の政府もほんといい加減にがんばってほしいですよね。ほんと余談+個人的意見ですが。

ブログランキングに参加中です!応援お願いいたします! ↓別窓で開きます。
にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ

Sponsor Link  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です