日本の食材を扱うスーパー


Sponsor Link  

ブログランキングに参加中です!応援お願いいたします! ↓別窓で開きます。
にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ

さて、シンガポールに暮らしていてもやはり日本食は恋しいもの。

そこで、シンガポールで日本食を手に入れるにはどうすればよいでしょうか?

様々なスーパーがあり、日本でもおなじみの明治屋や伊勢丹、地元スーパーのコールドストレッジなどがあります。


Sponsor Link  

明治屋

bellapizza 046明治屋はクラークキーのリヤンコートの地下一階に入っています。

こちらは、日本のスーパーですから、当然ながら非常に品揃え豊富です。

ただ、ちょっと気になるのは、『オーガニックコーナー』に特別栽培農産物(日本ではオーガニックの表示はできません)がおいてあったりしたこと。

bellapizza 049野菜も空輸で日本からたくさん運ばれているようです。

お肉も和牛なども扱っていますので、オススメ。

特に地元スーパーと比べて品質が上と言うことはありませんが、日系スーパーですので、安心と言うイメージがあります。

また、カレールーや漬物など生鮮以外のものは日本のスーパーと変わりませんが、加工食品、乾燥しいたけなど、ほとんどのものが中国産で、日本にいるときに国産にこだわられていた人には不満も多いようです。

なお、『酒屋』『薬や』などもあり、日本のお酒や薬が手に入ります。お酒は結構種類が豊富です。

 

コールドストレッジ

こちらは日本のものもそこそこおいてありますし、世界各国の食材が置いてあります。チーズやハムなどの品揃えも豊富です。

日本のちょっと高めのスーパー(紀伊国屋とか?)は海外のものを多く置いていますが、そんな感じで考えれば、こちらもそのように見えてきます。

また、日本の野菜はほとんど置いていませんが、『オーガニック』を多くおいていますので、そちらはオススメです。

虫食いの葉っぱなんかも見られますので、オーガニック+ポストハーバスト不使用なのでしょう。値段は少し高めですが、明治屋の普通の日本国産野菜と同じくらいの値段ですので、オーガニックのほうが安心かもしれません。

以前実験で、別のスーパーで青物野菜(オーガニックではない)を一ヶ月野菜室で放置したのですが、なんと、一ヵ月後でも葉っぱが青々としていました。。。

これ以降さすがに輸入、非オーガニック野菜を食べる気がなくなりました。なお、オーガニックは普通に痛みますね。

海外にいると食の安全なんかにもより一層気を配らなければいけません。

なお、こちらのコールドストレッジは高島屋の地下のほか、シンガポール全土にいくつかの店舗がありますので、利用することも多いと思います。

http://www.coldstorage.com.sg/

さくらや

さくらやはシンガポールに5店舗ぐらいある、魚や米などを扱っているお店です。

日本の魚が手に入ります。(伊勢丹や、明治屋のほうが新鮮かな?)

たまにここでしか売っていないものもあるので、行きます。

伊勢丹

ご存知伊勢丹ですね。オーチャードとスコッツロードがぶつかる辺りにあります。

こちらも日本の食材を多く扱っています。

雰囲気的には日本のデパ地下に一番近いです。

明治屋と並んで人気があります。

——————————–

個人的には、コールドストレッジが好きです。

いろんな国の食材が売っているので楽しいですよね。明治屋は日本の食品は多いのですが、日本にいるときに買っていたような良いものは少ないです。肉は良いですが。

値段はどこもそんなに変わりません。日本よりも結構高めですので、お財布には厳しいですね。(輸入品ですのでしょうがないですが)

安いスーパーはジャイアントというのがあります。ここはかなり安く、いつも多くの人でにぎわっています。ただ、オーガニックなどは見当たりませんし、おそらく中国産などの野菜がメインと思われます。

その他、Carrefour(カルフール)なども海外資本の人気大型スーパーで、人気です。

ただし、飲料水などはどこで買っても同じですので、そういったものはジャイアントで買うようにしています。場合によっては50%以上も安い場合があります。

シンガポールにこられた皆さんに参考にしていただければと思います。

いろいろと行って見てご自分に合われたお店を探してください。

ブログランキングに参加中です!応援お願いいたします! ↓別窓で開きます。
にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ

Sponsor Link  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です